B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

水道工事を基軸に集結
熟練のリフォーム集団

 

顧客のドラマが見えるリフォームで成長

 
glay-s1top.jpg
タージン 信頼できるスペシャリストの集まりなら、間取りやデザインにもいろいろなアイデアを提案してくれそうですね。
 
柴田 まさにそのとおりで、Team ShibaKANは大手不動産会社の仕事を数多くこなしてきたメンバーばかり。最新の間取りや流行の形・色などを知り尽くしている強みがあるので、お客様に安心していただけると思いますよ。またTeam ShibaKANは、下請けではありませんし、専任の営業がいるわけでもありません。そのぶん、軽いフットワークで打ち合わせや施工にお邪魔できるので、コストも安くなります。大規模なリフォームはもちろんのこと、ちょっとした修理などのご依頼も大歓迎です。ぜひ、お気軽に声をかけていただきたいですね。
 
タージン お客さんには、メリットばかりのTeam ShibaKANですね。それに柴田社長にとっても、新たな喜びの発見につながっているのでは?
 
柴田 はい。リフォームは、そこに住んでいるお客様の顔が見える仕事。マンションの新築工事と違って、施工する私自身の気分も大きく変わります。いずれは、このTeam ShibaKANを会社へ発展させたいと考えているんですよ。
 
タージン 柴田社長はシバタ管工さんを成功させるだけでなく、さらなる挑戦を続けるおつもりなんですね。
 
glay-s1top.jpg
柴田 もちろんです。仕事というのは、すべての経験が自分の中に蓄積されますよね。例えば飲食店の調理人も、今日より明日のほうが成長し、さらにおいしい料理をお客様に提供できるはず。それはリフォームも同じなんですよ。Team ShibaKANは経験豊かな各分野の職人が日々ベストを尽くしながら、今日よりも明日とさらなる成長を遂げています。
 
タージン そうした取り組みの母体になっている、シバタ管工さんのお仕事も充実しているのでしょうね。
 
柴田 そうですね。私がTeam ShibaKANの活動を続けられるのも、シバタ管工を支えてくれるスタッフのおかげです。建築業界は若い職人が定着しないと言われている中、ありがたいことに弊社には7人も職人がいて、しかも、そのうち4人は20代の若者なんですよ。一度入社して辞めた職人は一人もいませんし、50代のベテラン職人とも気持ちを合わせて頑張ってくれています。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事