B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

水道工事を基軸に集結
熟練のリフォーム集団

 

建築のスペシャリスト集団を結成

 
glay-s1top.jpg
タージン 柴田社長は親方と血のつながりがなくても、その実力で後継者と認められたと。でも、プレッシャーを感じることはありませんでしたか?
 
柴田 仕事に対する不安はなかったですね。ただ、私はそれまで請求書を書いたことも、他の職人に給料を払った経験もなかったので、経営についての勉強は少し大変だったでしょうか。
 
タージン その苦労のおかげで、現在があるのですね。素晴らしいです。それにしても、シバタ管工さんの中心事業である新築マンションの設備工事は、規模が大きければ工事も長く続くのでしょうね。
 
柴田 はい、同じ現場に1年から2年ほど通うこともあるんですよ。地下の配管などは、まだ更地の段階から工事をスタートします。水廻りの設備は、建物が完成すると見えなくなるものがほとんどですが、そのすべてをミスなくおさめるのが弊社の仕事。私たちは竣工すると現場を去るので、残念ながら入居者さんの顔を見ることができません。それでも、きっちりした仕事をするようずっと心がけてきました。更地の段階から竣工するまで、いろんなドラマがあって一つの現場が終わるんです。
 
タージン なるほど、ドラマですか・・・。見えない場所の工事で、実際に使う人と顔を合わせることもない。しかし、自分がやるべきことは確実にやり遂げる。柴田社長は、まさに職人の鏡のような方です。近年になってリフォーム業に進出したのは、何か心境の変化があったのでしょうか。
 
glay-s1top.jpg
柴田 おっしゃるとおりで、振り返ると私は、業界に入って30年以上も走り続けてきました。そろそろ、これまでとは違った感覚で仕事に向き合いたい。もっと友だちのような距離感で、お客様に気軽にご相談いただきたい、工事終了後の施主さんの“その後のドラマ”を聞けるような仕事がしたいと思うようになりました。そこで旗揚げしたのが、リフォーム工事を手がけるTeam ShibaKANなんですよ。
 
タージン 工事中にもドラマがあって、そこからさらに施主様の新たなドラマが始まるということですね。それではいよいよ、Team ShibaKANについて詳しく教えてください!
 
柴田 Team ShibaKANは、水道工事が専門の私をはじめ、大工・電気・塗装・左官・内装・クロス・タイルなど、あらゆる分野のスペシャリストが集まった建築集団です。メンバーは、さまざまな現場で知り合った付き合いの長い職人や経営者が集まりました。みんな私と同じ思いを抱き、経験も実績も豊富なプロフェッショナルばかりです。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事