B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

地域密着のリフォーム業 顧客の生活をより快適に
大工のふじい 代表 藤井啓之

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 名高達男(俳優)
名高 神奈川県横浜市にて、リフォームを専門に、住宅に関する悩みを何でも受け付けておられる大工のふじいさん。藤井代表は幼い頃から大工に憧れていたとお聞きしました。
 
藤井 ええ。小学生の頃から大工を目指していました。実際にこの業界に入ったのは18歳のときです。当時はインターネットでの求人もなかった頃なので、1年ほどかけて修業先を探しましたね。人材を募集しているところを見つけたときは、すぐに公衆電話に走って電話しましたよ。
 
名高 藤井代表は2019年現在、44歳とうかがっています。18歳からとなると、もう26年間も大工一筋でやってこられたわけだ! 実際に働かれてベテランとなった今も、大工の仕事に懸ける気持ちにお変わりはありませんか?
 
藤井 まったく変わりませんね。もし、もう一度人生をやり直すとしても、大工という職を選びます。
 
名高 藤井代表にとって、まさに天職だったということでしょうね。大工のふじいさんは、現在とてもお忙しくしていらっしゃるとか。それだけお仕事の依頼が来るのも、藤井代表の大工に懸ける熱意があってこそなのでしょう。それほどまでに情熱を注げられる大工の魅力を、ぜひ教えてください。
 
glay-s1top.jpg
藤井 お客様から「ありがとう」というお言葉を直接いただけることです。リフォームは、決して安い買い物ではありません。にも関わらず、お客様は私たちの仕事に対して感謝してくださるんです。もちろん体力的に大変な仕事も多いですが、私はお客様の気持ちに応えるため、次にご自宅を建て替えるときまで決して壊れないように施工しています。その頑丈さには自信がありますよ!
 
名高 素晴らしい強みですね! お客さんが大工のふじいさんの施工を信頼されている理由がわかりましたよ。お仕事をするうえで、ほかに何か心がけていることはありますか?
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事