B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

日本初のカウンセリング型
定期見守りサービス

 

日本初のカウンセリング型見守りサービス

 
glay-s1top.jpg
吉井 非常時といって思いつくのは転倒や病気の発作などですよね。身動きができなくなった時に都合よく手の届く所に発信ボタンがある確率は低そう。
 
鈴木 そのとおりです。そこで弊社では、利用者様からSOSを発信するサービスではなく、こちらでリスクマネジメントをする定期見守りサービスを日本で初めて開始したんです。それが「命のコール」です。
 
吉井 具体的にはどのようなサービスなのでしょうか。
 
鈴木 カウンセラーが定期的に利用者様のもとへ電話をかけ、ヒアリングを行います。あらかじめ作成しておいたカルテをもとに、体調に変化はないか、暑さ寒さはしのげているか、生活のうえで困ったことはないかなどをお聞きし、会話の中から、トラブルのリスクを探っていきます。
 
吉井 なるほど。会話の中で、体調がすぐれない、食事が摂れていないなど、変化に気付くことができますね。また、定期的に話をしていれば、普段と様子が違うことに気付きやすそうです。
 
鈴木 何度電話をしてもつながらない場合、あるいは会話の中で明らかな異常を感じた場合は、緊急事態発生の可能性を視野に入れ、緊急連絡先であるご家族や、あらかじめ登録しておいた病院、ご協力いただけるご近所の方などと連携しながら対応をしていきます。
 
吉井 利用者さんの小さな変化に気づくためには、カウンセラーのコミュニケーションスキルが鍵になりますね。
 
glay-s1top.jpg
鈴木 ええ。大切なのはヒアリングの能力です。利用者様によって望むことは異なりますし、健康レベルも生活環境も、また、キーマンとなるご家族との関わり方も異なります。ですから、きちんとしたヒアリングをしてニーズを把握し、利用者様にどのようなサービスが提供できるかをこちらから提案させていただいているんです。
 
吉井 カウンセリングというより、コンサルティングですね。そこまで徹底した対応をしてくれるなら、利用者さんもご家族も安心だと思います。それでは最後に、今後の展望をお聞かせください。
 
鈴木 デイサービス事業は敷地を広げ、利用者様を増やしていきたいと思います。「命のコール」については全国展開していく予定です。また、カウンセリングの中で、健康のことだけでなく、例えば不動産のことなど他の分野のご相談も承れるようであれば、これまでに培ったネットワークを活かして、解決のお手伝いができるようなサービスを追加できればと思っています。
 
吉井 これからもたくさんの高齢者の皆さんのお役に立てるよう、頑張ってくださいね!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
利用者様の喜びからエネルギーをもらい、さらに高いサービスを提供できるように頑張ればもっと喜んでいただける。そんなスパイラルを仕事の楽しみにしたいですね。
(鈴木讓)
 
 :: 会社概要 :: 
  ■ 社名 RISING SUN株式会社
■ 本社 〒272-0134 千葉県市川市入船6-25 ピュア入船102
■ 事業内容 リハビリ型デイサービス事業/高齢者の見守りサービス事業
■ 設立 平成25年7月
■ ホームページ https://www.rehapride.co.jp/gyotoku (レッツ倶楽部・行徳)
http://www.inochi-call.com (命のコール)
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事