B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

電気工事の枠に収まらず お困りごとに迅速対応!
株式会社エジデン 代表取締役 絵島崇

 
プロフィール 福岡県出身。若い頃から音楽活動に取り組む。25歳で大阪に出てからは、大手音楽レーベルのオーディションに審査員として参加。その後、電気関係の仕事をする友人から声をかけられ、2009年、高島電気の設立に携わった。友人から会社を引き継ぎ、2017年に(株)エジデンに社名変更。電気工事以外の依頼も積極的に引き受けるスタイルが顧客の信頼を集め、業績を着実に伸ばしている。【ホームページ
 
 
 
エアコンやIHコンロ、照明器具の取り付けなど、生活に関わる電気工事に幅広く対応している株式会社エジデン。だが、手がける業務の実態はそれだけにとどまらない。たとえ電気工事以外の案件でも、取引先からの要望があれば迅速、丁寧に対応する。「どんな小さな依頼にも応え続けることで、スタッフの技術向上にもつながった」と話す絵島崇代表取締役。業種に縛られない柔軟な姿勢の先にある、理想の企業像とは。
 
 
 

職人として成長する喜びから電気工事業に

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 狩野恵輔(野球評論家)
狩野 住宅や消防車の電気設備を手がける株式会社エジデンさん。2018年1月以来、2度目のB-plusご登場です。絵島社長は福岡県のご出身ということで、やはり福岡ソフトバンクホークスファンなのでしょうか(笑)。
 
絵島 ええ、関西生まれで阪神タイガースファンの妻とは、セ・パ交流戦の期間中、よくどちらを応援するのかでぶつかります(笑)。
 
狩野 そういうお話をうかがうと、非常に親近感を持てますね(笑)。福岡から大阪へ出てきたのはいつですか?
 
絵島 25歳のときです。若い頃にバンド活動をしていた縁で、音楽レーベルのオーディション審査員を務めていました。電気工事業界に入ったのは、その業界で長く働いていた友人に誘われたことがきっかけです。2009年に一緒に起業し、2017年からは株式会社エジデンとしてワンオーナーで事業をスタートさせました。
 
狩野 電気工事で食べていこうと思った理由はなんだったのでしょう。
 
絵島 職人に憧れの気持ちがあったことと、働く中で知識や技術を身につけていくことが楽しくかったからでしょうね。自分が一歩一歩、職人に近づいていることに喜びを感じていました。
 
狩野 何かをつくるという点で、今のお仕事は音楽とも通じているかもしれません。つまり、絵島社長の気質に職人仕事が合っていたのでしょうね。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事