B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

怒りやストレスをなくし 
医療の職場環境を整備

 

ストレスのない環境づくりで医院経営に貢献

 
glay-s1top.jpg
タージン ガンと言う大病を乗り越えて、現在に至るわけですね。それでは、御社の事業内容を詳しく教えてください。
 
大塚 医療コンサルティング事業、クリニックの事務長代行事業、そしてアンガーマネジメントを主にした研修・セミナー事業を行っています。医療コンサルティングは、事業主と従業員の折衝がメインです。例えば、薬局が事業譲渡した際、新たな事業主の方針によって従来と違う製剤を扱うようになると、既存のスタッフが不安を感じやすくなるんです。そこで新たな事業主と従業員の間を取り持ち、円滑に運営できるようにサポートしています。
 
タージン 実際に薬局の経営を譲渡なさった経験がある方にサポートしてもらえるのは、事業主、スタッフ双方にとって心強いですね。クリニックの事務長代行とは、どのような業務なんですか?
 
大塚 クリニック経営において経理や事務など、医療行為を除くその他の業務を担う事務長を代行しています。これまでは、院長の親族など、医療経験のない人が事務長として業務を行っているケースが多かったんです。しかし、昨今の医療制度改定により、事務長にも医療知識が求められるようになったんですよ。
 
タージン なるほど。そこで、医療業界の経験と知識を持つ大塚会長が代行するわけですね。具体的な内容も教えてください。
 
glay-s1top.jpg
大塚 経営の計画立案から営業への対応まで、さまざまです。院長やスタッフとのネットワークを構築し、職場内での橋渡しやコミュニケーション促進も図っています。私にクリニックの経営を任せていただくことで、クライアントである院長先生からも「医療行為に専念できるようになった」と好評をいただいていますよ。
 
タージン 確かに、診療と医院経営の両方に気を配らないといけない状況では、お医者さんも頭がパンクしてしまいそうですからね。経営について安心して任せられるパートナーがいれば、診療にも集中できますし、ひいては患者さんのためにもなりますね。それでは、アンガーマネジメントを主にした研修・セミナーについても教えてください。
 
大塚 仕事に支障をきたしてしまうようなストレスや怒りの感情をコントロールするための方法を教えています。私自身、薬局を経営していた頃から「世に中にはイライラしている人が増えてきているな」と感じており、アンガーマネジメントにも関心がありました。そこで、アンガーマネジメントコンサルタントの資格を取得し、企業や教育機関に向けた研修やセミナーを開催しています。
 
タージン 確かに、カッとなったりイライラしたりすると、自分も疲れるし、周囲の空気も悪くなるし、損することばかりです。怒りのコントロールは、楽しく仕事するうえでも非常に重要だと思いますね。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事