B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

現役アスリートが導く
アクティブな体づくり

 

飽きずにトレーニングできるメニューを提案

 
glay-s1top.jpg
畑山 それでは、導夢さんのトレーニングの特長をお聞かせください。
 
𠮷 今はパーソナルトレーニング=ダイエットというイメージが一般的ですよね。そんな中、当ジムでは、健康的な生活の土台としての体づくりにウエートを置いている点が特長です。ご用意しているプログラムは日常生活をアクティブに過ごすための姿勢改善や動きの改善。そのほか、ボディメイクや競技パフォーマンスのアップなど幅広く取り組んでおります。また、パーソナルトレーナー育成のためのスクールも展開中です。当ジムのトレーナーは私を含め全員が現役のアスリートでして。2018年の全日本ベンチプレス大会でも1位と2位を独占したんですよ。
 
畑山 そうだったのですか! その実績は、何よりも心強いバックボーンですね。
 
𠮷 ええ。当ジムは現役アスリートならではの指導で、基礎体力や摂取する栄養の向上を通じ、体をアクティブにするためのトレーニングをご提供しています。特に健康面のサポートを重視しているので、ただのダイエットではない本格的な体をつくりあげられるんです。
 
畑山 いくら体を動かしても、食べるものがよくなければ健康を害してしまいますからね。トップアスリートから栄養の指導をしていただけると安心ですよ。
 
𠮷 畑山さんのおっしゃるとおりですね。例えば、ダイエットのために脂質をカットしてしまうと、肌荒れがひどくなることもあります。だから脂質を減らすにしても「同時に、ビタミンとたんぱく質を増やしましょう」などと、効果的な栄養の取り方をアドバイスできるんです。
 
glay-s1top.jpg
畑山 きれいな体を目指す女性にとっては、とてもありがたいアドバイスだと思いますよ。それに一度つくりあげた体形をキープするには、トレーニングを継続することが大切です。トップアスリートの指導なら、運動の楽しさも教えていただけそうですね。
 
𠮷 確かに、ただカロリーを消費するためのトレーニングでは、つらく、ネガティブな気持ちになってしまうことも。そこで当ジムは「今日はボクササイズ」「今日はロープを使った運動」というように、毎回、異なるメニューで飽きずにトレーニングを続けられるよう工夫しているんです。
 
畑山 素晴らしい工夫だと思います。常に新しい運動ができると「今日は、どんなトレーニングだろう」と、ジムに来るのが楽しみになりますよ。
 
𠮷川 おかげさまで、会員様からは「この間のトレーニングを、もう一度やりたい」というリクエストもあるんですよ。そうするうちにボクササイズが楽しくなって格闘技のジムに入った会員さんもいますし、トレーニングのおもしろさを伝えたいと、自らパーソナルトレーナーになった会員様も3名ほどいらっしゃいます。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事