B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

丁寧・正確に納期は厳守プラスチック製品の成型
木下化工 代表 木下勝元

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー タージン(タレント)
タージン 大阪府大阪市でプラスチック製品の射出成型事業を営む木下化工さん。まずは木下代表のご経歴からおうかがいします。
 
木下 私はもともとミュージシャンを目指し、音楽学校に入学したんです。その後は音楽の道ではなく、東京都で浄水器の訪問販売などをしていました。それから、愛知県名古屋市で水質や大気の環境を調査する会社に転職したんです。ところが、その会社が大手エレクトロニクスメーカーの傘下になりました。そこで私は、知識も経験もないのに、いきなり国際標準化機構、通称ISOによる国際規格のマネジメントシステム認証を得るための業務を任されることになったんです。
 
タージン 未経験で突然にですか! それは大変な事態ですね。その後、どうなさったんでしょう?
 
木下 どうにか無事に認証を取得し、会社からも評価をされつつある中で「今後の事業を担ってほしい」とまで言われたんです。しかし、さまざまな事情から父が創業した木下化工を継ぐことになり、昨年2017年に大阪に戻り、今年、代表として就任しました。
 
タージン 家業を継ぐまで、異業種で多くのご経験を積んだんですね。木下化工さんの事業内容もお聞かせください。
 
木下 大手メーカー様のエアコンやコピー機などの家電製品をはじめ、文具や雑貨、介護用ベッドといった多種多様な製品の部品を製造しています。私どもは小さい町工場なので、設備では大きな工場に勝てません。しかし、業務の正確性には自信がありますし、納期は確実に守るようにしているんです。また、機械だけに頼らず、人間の目でしっかりと検品し、常に不良品ゼロを目指しています。
 
タージン 業務への誠実さと責任感が伝わってきますね! 木下代表の目標もぜひ教えてください。
 
glay-s1top.jpg
木下 現在は父が築いてきた人脈を、私自身の経験も踏まえて拡大しているところなので、それに伴って業務の幅も増えると良いですね。また、どんなことにも興味を持って有益な情報を集め、今後は取り扱う製品の種類をさらに増やしたいです。作業を自動化するためのロボットも導入し、作業効率化と検品の精度を向上したいと考えています。未来的になった工場を想像するだけでわくわくしますよ!
 
タージン 丁寧で正確な業務を心がけるだけでなく、新しいことにも積極的に挑戦する姿勢は素晴らしい。寡黙な職人さんのイメージと違って、お話し上手なのも木下代表の魅力です。私も今後の活躍を楽しみにしています!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
私は何にでも興味を持ち、わからないことは調べないと落ち着かない性格なんです。だから、どんな仕事でも楽しみながら取り組めるんですよ。
(木下勝元)
 

:: 事業所情報 ::

木下化工

〒544-0012 大阪府大阪市生野区巽西3-11-12

 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事