B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

匠の技を五感で楽しむ 
中国西安の伝統麺料理

 

五感で味わえるから楽しい

 
glay-s1top.jpg
長いビャンビャン麺を伸ばすのは、まさに職人技
野菜たっぷり! 香辛料香る「ユウポウ麺
野菜たっぷり! 香辛料が食欲をそそる「ユウポウ麺」
石黒 こちらのビャンビャン麺は本物だと。それにしても、たいていの中華料理は日本に定着しているのに、ビャンビャン麺が定着していないのは不思議です。
 
小川 麺を打つのに高い技術が要求されるからでしょう。簡単そうに見えて、延ばしている途中で麺が切れたり、均等な太さにならなかったりと、とても難しいんですよ。あ、できあがったようですね。ぜひ、ご賞味ください。
 
石黒 香辛料の香りが立ち上ってきて、おいしそう!
 
小川 料理中は、厨房の様子を見て楽しみ、麺を打つ音や具を油で炒める音を聞いて楽しむ。そして、できあがった料理の香りを楽しみ、いよいよ味を楽しんでいただく。ただおいしいだけでなく、エンターテイメント性も考慮しています。
 
石黒 五感で楽しめる料理ってことですね。では、いただきます。わあ、麺が長ーい! そしておいしい! 香辛料が私好みです。それにこのモチモチ感! ほかのどんな食べ物とも比較ができない食感ですね。
 
小川 高度な技を持つ職人が、食べる直前に打った麺はおいしいでしょう? 日本では、「自家製麺」と謳っている店でも、工場でつくられた麺を使っていることもあります。手打ち麺は、工場でつくられている麺とは食感が比べものになりません。
 
glay-s1top.jpg
石黒 私の夫はラーメン店を営んでいますし、私も麺好きなんです。この味は初めて食べました。癖になりそう! 種類はこの1種類だけですか?
 
小川 今、石黒さんに食べていただいているのは、最もポピュラーな「ユウポウ麺」。他に「トマト麺」「ジャージャー麺」、そして「全部盛り」の4種類があります。丼物とのセットメニューも用意していますが、ほとんどのお客様はそれ1杯でおなかいっぱいになるとおっしゃいますね。旅行や仕事で来日している中国の方も来てくださり、おいしいと言ってくれますよ。
 
石黒 本場中国の方がおいしいと言うのなら、間違いないですね。
 
小川 中には、1日に2回来られた方や、毎日のように来られる方も。おかげ様でSNSでも、たくさんの方が良い評価をくださっています。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事