B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

優れた発想力と実行力で
光ファイバー製品を開発

 
 
glay-s1top.jpg
 何事にもチャレンジする、その姿勢は素晴らしいですよ! 御社の事業内容も詳しく教えてください。
 
杉原 弊社は設立以来、光ファイバーの専門メーカーとして、光ファイバーケーブルや関連製品の設計・開発から製造・販売、また、通信設備などの企画から施工・保守・改善まで行っています。中でも光ファイバーケーブルは、業界初となる製品を独自開発しました。
 
 光ファイバーに関する多種多様な業務を手がけていらっしゃる、まさにエキスパートですね。独自開発なさったという製品も気になります。どのような特長があるんでしょう?
 
杉原 高屈曲性光ケーブル「タクティカル」という製品です。これは耐水性に富んだゴム素材を用いて、細径形状にし、耐屈曲性を持たせたのが大きな特長ですね。従来の光ファイバーケーブルは透過率の高いガラス製が多く、屈曲性を上げるのが難しいという弱点がありました。そこで、被覆材および外皮材と形状を工夫することにより高い屈曲性を実現し、従来品に比べて断線しにくくなりました。あわせて光ファイバーの敷設を容易にするための「プーリングアイ」という製品も発売し、施工・敷設技術に一石を投じています。
 
 光ファイバーケーブルの素材や形状を変えるというアイデアで従来の弱点を克服したわけですか。
 
glay-s1top.jpg
杉原 ええ。ほかにも光ファイバーを応用した装置の研究・開発も行っています。例えば、光ファイバーで放射線を検出するセンサーですね。この技術に関しては、いくつかの特許も取得しているんです。また、血糖値を計測するシステムモデルなども考案しています。
 
 光ファイバーを応用すれば、いろいろなことが可能なんですね! そのような研究や開発はどこでしているんですか?
 
杉原 放射線に関しては専門の研究機関と協力し、専用の環境が整った設備で実験を行っています。それ以外は全部、オフィスのテーブルの上ですね(笑)。
 
 その発想力はもちろんのこと、アイデアを実現するための行動力もすごいと思います。お話をうかがっていると、経営者としてビジネスの拡大を目標とするよりは、世の役に立つものを研究・開発していきたいという思いがあるんでしょうか?
 
杉原 そうですね。それに、今まで人がしてきたものではなく、新しいものを生み出していくのが私のやりがいであり、原動力です。今後もチャレンジ精神を持ちながら、お客様に良質な製品をご提供し続けていきたいと思います。
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
ワクワクすることが一番大事だと思います。たとえ寝なくても仕事がしたいと思えるような、駆り立てられる情熱。それが仕事をするためのエネルギーになりますね。
(杉原寛)
 

:: 企業情報 ::

株式会社ワイヤードジャパン

〒140-0015 東京都品川区西大井1-8-1

ホームページ
http://www.wired-japan.com