B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

接客業の経験豊富な誠意あふれるマナー講師
HANA Styleup 代表 武藤幸子

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 山本隆弘(元バレーボール選手)
山本 茨城県取手市のHANA Styleup(ハナ スタイルアップ)さん。武藤代表はマナー講師でいらっしゃるそうですね。まずはご経歴をお聞かせください。
 
武藤 短大卒業後に大手ホテルに就職し、それから長年の夢だった航空会社のCA、つまりキャビンアテンダントとして転職しました。そこで7年勤務し、結婚後に退職したんです。その後、子どもを出産し、育児をしながら司法書士事務所に10年勤め、2017年に独立しました。
 
山本 さまざまな業界でご経験を積んでこられたんですね。なぜマナー講師になろうとお考えになったんですか?
 
武藤 仕事や育児などを経験する中で、コミュニケーション能力やビジネスマナーの大切さを痛感したからです。そこで、私が学んできたスキルを活かして人のためになる仕事をしたいと思い、マナー講師を目指しました。
 
山本 長い間サービス業であるCAをなさっていただけあって、接客マナーのスキルが活きますね。"人のためになる仕事をしたい”というお考えも、ご自身のサービス精神がスキルの裏付けになっているようで、マナー講師としてぴったりだと思います!
 
武藤 大ファンの山本さんにそう言っていただけると、とても嬉しいです(笑)。現在は企業向けに多様な研修を中心に、個人に向けた資格取得の講座も行っています。
 
山本 企業向けの研修では具体的にどのようなことをしているんですか?
 
武藤 CS とES、つまり顧客満足と従業員満足を向上させるための研修や、接客・接遇のスキルアップを目指す研修などを行っています。顧客との接し方はもちろん、社員個人のコミュニケーション能力を上げ、職場環境を整える指導をしているんです。依頼されたからには確実に結果につなげたいので、どんな研修も責任を持って全力で取り組んでいます。
 
glay-s1top.jpg
山本 その姿勢は素晴らしいですね。その中で、武藤代表が大切にしていることを教えてください。
 
武藤 自分には何ができるのかを考え、常に学ぶ姿勢を忘れないことですね。ほかにも、依頼していただいた企業の中で、社員同士や上司と部下で円滑なコミュニケーションが取れるよう、間に立って一人ひとり丁寧に接することを心がけています。
 
山本 サービス業の経験が豊富で、誠意にあふれたお人柄の武藤代表ならば、依頼する企業からの信頼も大きいでしょうね。今後も多くの方にマナーやコミュニケーションの大切さを伝えていけるよう、頑張ってくださいね!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
仕事をする中で、新たな夢や目標が生まれたり、さまざまな人と出会ったり、今まで知らなかった世界を知ることができました。そんな風に、自分の人生を彩ってくれていると思うことが、私にとっての仕事を楽しむことですね。
(武藤幸子)
 

:: 事業所情報 ::

HANA Styleup

〒302-0024 茨城県取手市新町1-9-1 リボンとりで5F

ホームページ
http://hana-su.com