B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

中小企業を元気にする事業再生のコンサル会社
株式会社エクステンド 代表取締役 沖原厚則

 
プロフィール 大阪府出身。大学卒業後はコンサルティング業界とはまったく畑違いの業界に就職。事業再生コンサルティングに興味を持ち、(株)フィナンシャル・インスティチュートに転職する。2015年、MBOにより同社の経営を引き継ぎ、代表取締役に就任。社名を(株)エクステンドに変更した。前身の会社から踏襲した事業再生コンサルティングを軸に中小企業に特化したサービスを行っている。【ホームページ
 
 
 
中小企業の事業再生支援に特化したコンサルティング会社、株式会社エクステンド。国からも公的な支援機関として認められ、民間企業としては相談件数の取り扱いもトップクラスである。前身となる会社から経営を引き継ぎ、代表取締役に就任した沖原厚則氏は、就任以前よりもさらに発展させたサービスで、中小企業の支援にまい進している。そんな沖原社長に、自社の持つ強み、そして今後の展望についてうかがった。
 
 
 

中小企業に特化した再生支援

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 川﨑麻世(タレント)
川﨑 事業再生やM&Aのコンサルティングを行っている株式会社エクステンドさん。まずは事業内容についてお聞かせください。
 
沖原 再生期に至った会社の事業再生コンサルティング、後継者不在のために会社を売却したい経営者と会社を買うことを成長戦略として考えている経営者の双方に向けたM&Aコンサルティング、そして、経営承継や事業承継の支援を行っています。いずれも、中小企業に特化したサービスをご提供しており、国が中小企業支援体制強化のために設けた経営革新等支援機関にも認定されています。これは中小企業が安心して相談を受けられるよう、専門知識や実務経験が一定レベル以上の機関に対して国が認定するもので、弊社が取り扱う相談件数は、業界としてはトップクラスなんですよ。
 
川﨑 それはすごい! 中小企業の支援にも管理面や人材面など、さまざまな分野がありますよね。御社の強みは何でしょうか?
 
沖原 弊社は金融や財務面の支援を長所としています。例えば銀行との付き合い方であるとか、資金繰りを円滑にするための改善をお手伝いすることが強みと言ったところでしょうか。しかし、経営状況によっては、それを行うことが難しい場合もあります。コンサルティングの姿勢で大事なのは、まず倒産を回避すること。そして、“社長が再生”できることを最終的なゴールに置いています。
 
川﨑 一般的にM&Aというと企業買収のイメージが強いと思います。しかし、M&Aは事業再生のための手段でもあるわけですね。
 
沖原 そのとおりです。弊社は単なる“M&Aの仲介会社”ではありません。あくまでも、中小企業支援機関の役割の1つとしてM&Aを行っています。