B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

明朗会計の不用品回収世界に寄付しリサイクル
日本屋 代表 伴明広

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 時東ぁみ(タレント)
時東 東京都、埼玉・神奈川県で不用品回収や遺品整理を手がける日本屋さん。私も過去に父の遺品整理をした経験があるので興味深いです。まず、伴代表が仕事で大切にされていることを教えてください。
 
伴 “いらなくなったものを捨てるためにお金を払う”お客様に対し、「リユースするためにいくら必要なのか?」という理解と納得を得ることが何より大切だと思っています。例えば料金設定も、業界でありがちな言い値や目分量で決めるのではなく、明確な基準を設けています。
 
時東 不用品回収の値段って素人じゃ見当がつかないですからね。日本屋さんの場合はどのような工夫をされているのでしょう。
 
伴 私たちはレーザーを用いた測定を採用しています。レーザーで回収品の体積を測り、その数値分の金額をいただくのです。数値はお客様にもご確認いただけます。
 
時東 とてもわかりやすい! 数字で見えるわけですから請求金額にも納得できますね。しかし、実際に一つひとつきっちりと測る作業は大変ではありませんか?
 
伴 そこは妥協しません。全従業員でマニュアルを共有し、同業者にも驚かれるほど徹底しています。不用品といえど、お客様にとっては大切な思い出の品。特に遺品整理ですと、それぞれに愛着を持っておられるはずです。そういった現場でお客様の笑顔のためにお手伝いさせていただけたら本望です。
 
時東 依頼されるお客さんの心をとても大切にされているのが伝わってきますよ! 回収後はそのままゴミとして廃棄されるのでしょうか?
 
伴 廃棄はほとんどありません。例えばこちらを見てください。どれも回収した不用品ですが、まだまだ使えます。捨てるだけでなく、使える場合はどんどん活用するのが私たちのポリシーです。日本では価値が低いものでも必要とする国は多くありますからね。以前、海外に寄付したところ、とても喜ばれましたよ。
 
glay-s1top.jpg
時東 リサイクルを兼ね、海外への支援活動にも力を入れてらっしゃるのですね! 私が以前海外へ寄付した際は、送料のコスト面で苦労しました。
 
伴 確かに収支はプラスマイナスゼロがいいところですね(笑)。実は、日本屋という屋号には日本のものを世界に届けていきたいという思いを込めています。不用品すべてがゴミというわけじゃない。思い入れや思い出があるものも多いです。それを必要とする人につなげていきたいですね。
 
時東 素敵な目標ですね。これからも頑張ってください!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
経営者として社内の仕組み、サービスの仕組みをつくり上げて、スタッフやお客様みんなが楽しんでいる様子を見ることです。すべての歯車を整えて、うまく回っているのを見ると、とても楽しいです。
(伴明広)
 

:: 事業所情報 ::

日本屋

〒207-0003 東京都東大和市挟山5-1599

ホームページ
http://www.haihin.net