B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

あらゆる商品を買い付け日本の産業に貢献したい
合同会社光菱 代表社員 表西克

 
プロフィール (おもにし まさる)大阪府出身。大阪産業大学経済学部に入学するも、大学では学べないことを求めて休学し、派遣で家電量販店の販売員に。5年間勤める中で、新製品開発の打ち合わせにも参加するようになる。そこでの自信をもとに、大学を退学し産業系の商社に就職した。5年勤めた後に退職し、(同)光菱を設立。家電製品や電子部品を中心に、なんでも買う総合商社として厚い信頼を集めている。【ホームページ
 
 
 
家電製品や電子部品の輸入代行を中心に、駄菓子カフェや古着の販売も手がける合同会社光菱。代表の表西克氏は、家電量販店の販売員を経て総合商社に勤務。2013年に独立し事業の多角化を進めてきた。その根底にあるのは、メーカーの研究者が必要とする商品をすばやく買い付けることで、日本の産業に貢献したいという思いだ。どんな依頼も断らないと語る表西代表の言葉は、野球解説者の八木裕氏を大いに感動させた。
 
 
 

知識を認められ商社に就職

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 八木裕(野球解説者)
八木 大阪府豊中市を拠点に、家電製品や電子部品などの輸入代行を手がける光菱さん。洋服の販売やカフェも展開しておられるとお聞きしています。まず表西代表のご経歴を教えていただけますか。
 
表西 私は大阪産業大学の経済学部に入学しまして。在学中に器械体操を始めたものの、練習する場所がなかったので、他の大学にも声をかけ同好会を立ち上げました。その後、市内で子どもを対象にスポーツインストラクターとして教えるようになったんですよ。
 
八木 学生時代から行動力と実行力をお持ちだったんですね。その後の進路もお聞かせください。
 
表西 大学の授業が社会に出て役に立つとは思えず、何かおもしろいことを探そうと21歳のときに休学し、派遣で家電量販店の販売員になりました。販売するには知識が必要なので、率先して新製品開発の打ち合わせにも同席しまして。私の意見がフィードバックされることもあって、やりがいがありましたね。
 
八木 それはすごい! ちなみに、大学は?
 
表西 販売の仕事を5年間続けているうちに、親が退学届けを出していました(笑)。そこで、あらためて産業系の商社に就職しまして。面接で「あなたに何ができるのか」と質問され、メーカーの名前を次々と挙げ知識を披露したところ、常務に気に入られ採用されたんです。その会社にも5年ほど勤務しました。しかし、残念ながら入社後に起きたリーマン・ショックの影響が広がり、結婚した翌年の2013年に退職することになったんです。