B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

コンタクト情報を集約し 
眼科の業務効率化を支援

 
 
glay-s1top.jpg
吉田 例えば、初めて患者さんにコンタクトを処方する場合、年齢や装用時間、アレルギーやドライアイの有無などを問診形式で答えていくと、患者さんに適したコンタクトをAIが選び出すんです。
 
宮地 それは便利ですね!
 
吉田 また、どうしてそのレンズが適しているのかを患者さんに理解してもらうには、図などを示しながらわかりやすく説明する必要があります。「アイシス」にはそうした図や説明のための情報も用意してありますので、いろいろな紙の資料を引っ張り出してきて説明する必要はありません。
 
宮地 クリック一つで必要な情報が表示されるとは。確かにタブレットなら若い患者さんにも馴染みやすいと思いますし、紙と違って資料の保管場所も必要ありませんね。
 
glay-s1top.jpg
吉田 はい。さらに、たとえ同じレンズだとしても、眼科医によって評価は多少異なります。そうした眼科医の診療方針をカスタマイズして反映できるのも大きな特徴です。対患者さん用だけでなく、看護師の教育ツールとしても使用することができますし、あるコンタクトメーカーの方からも新入社員の研修ツールとして使用したいという声をいただいております。眼科、患者さん、そしてメーカーという三者の橋渡しをするために不可欠なツールだと自負していますよ。
 
宮地 開発にあたって、特に力を入れられたのはどのような点ですか?
 
吉田 ユーザーインターフェースとしての使いやすさを考え、動線やクリックする場所が一目でわかるようなデザインにこだわりました。私自身がデザインやプログラムに携わり、トップページのデザインだけでも何十回と修正しているんです。今後、さらに多くの眼科で「アイシス」を使っていただくことで、業務の効率化や患者さんへのサービス向上に役立てていただけたら嬉しいですね。
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
そもそも、楽しいと思えることを仕事にしています。「楽しもう」と、あまり気負いすぎず、自分に求められることに取り組みながら、人の役に立てればいいですよね。
(吉田正司)
 

:: 企業情報 ::

サクラビジョン株式会社

〒206-0011 東京都多摩市関戸5-6-16

ホームページ
https://sakuravision.co.jp

 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事