B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

不動産に込められたドラマを顧客に伝える
株式会社ピースオブマインド 代表取締役 若月宣子

 
経営者もスタッフも女性のみ。そんな珍しい不動産会社が東京・六本木の株式会社ピースオブマインドだ。代表取締役の若月宣子氏は、30年にわたり東京都心や軽井沢で物件の仲介を手がけている。「不動産に込められたストーリーを、次のお客様に伝えることが使命」と語る若月社長の思いをうかがった。
 
 
 

専業主婦から女性だけの不動産会社を起業

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 矢部みほ(タレント)
矢部 東京・六本木のピースオブマインドさんは、女性が経営する不動産会社なんですね。ぜひ、若月社長のご経歴を詳しく教えていただけますか。
 
若月 私はもともと専業主婦で、子どもの頃から一生働くことはないだろうと思っていました。ところが、法律系の知人が経営する不動産会社で書類の整理をお手伝いすることになり、ある日営業が留守のとき女性のお客様をご案内する機会があったんです。そのお客様は「他社の物件も見たけれど、男性の社員と一緒に車でぐるぐる連れ回されて、ゆっくり見学するどころではなかった。女性に案内してもらえて嬉しい」と、ものすごく喜んでくださいました。
 
矢部 不動産は女性スタッフが少ない業界ですからね。そのお客さんの気持ちは私にもよくわかります。
 
若月 はい。主婦の立場で、キッチンや家具等のコーディネートのアドバイスをすると、さらに喜んでいただけました。私には何の経験も実績もありませんでしたが、女性ならではの目線を生かしてお客様のご相談に応じれば、こんなにも信頼を寄せていただける。そのことに気付いて働くことの楽しさを知り、仕事にやりがいを感じることができたんです。