B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

ケガを予防するために
指導を行うトレーナー

 

ケガをしないための予防こそが大事

 
glay-s1top.jpg
松村 トレーナーと聞くと、フィジカルを鍛えるための指導や、技術指導を行うイメージが強いと思います。でも、アスレティックトレーナーは身体のケアに重きを置いているわけですよね。具体的には、どのような指導を行うんですか?
 
曾根 具体的にはケガをしないための予防の指導が最初の仕事です。まず、選手の身体の状態をチェックして、体調やバランスを整えるサポートをします。続いて、競技力向上とケガをしにくい身体づくりのためのトレーニング。例えばウェイトトレーニングや、フィールドワークでの指導などですね。そのほか、現場での応急処置やテーピングはもちろん、練習後や試合後のケア。また、日常生活での食事や栄養指導など。さらには、メンタルや心理的な面のケアやサポートも行っています。
 
松村 それはすごい! 担当する分野は非常に多岐にわたるんですね!
 
曾根 ええ。もう1つ特長的な仕事としては、アスレティックリハビリテーションがあります。通常のリハビリはケガから日常生活への復帰をサポートするものです。でも、この場合はケガが治ったあと、日常生活から再び競技への復帰を目指す選手をサポートするんです。
 
松村 現在ではプロ野球選手などに対して、試合後に身体のケアを行うトレーナーが一般的になっていますね。でも、曾根社長がトレーナーを目指した当時は、まだ珍しかったわけですか。
 
曾根 そうですね。ケガの応急処置やスポーツマッサージなどのケアを専門で行う方はいました。しかし、再発予防やスポーツ特有の専門的なリハビリテーション等は普及していませんでしたね。私が高校時代、陸上部に有望な後輩が入部しました。でも、活躍を期待されていた矢先にケガをしてしまったんです。現在のようなケアも受けられず、その後、彼は練習もサボりがちになってしまいました。そうした経験もあり、アスレティックリハビリテーションを行うスペシャリストの必要性を強く感じたんです。
 
glay-s1top.jpg
松村 私も俳優として身体が資本なので、運動はできる限りしています。しかし、ランニングをして靭帯を傷めてしまったことがありました。そこで医師に相談しても詳しい説明を受けられず納得できなかったり、マッサージを受けて一時的に良くなっても、また再発したりすることもある。日頃からどのように身体のケアをして、ケガの予防をしたら良いか、的確に助言してくれる人がいてくれたらと思っていたんですよ。私はスポーツ選手ではないですけど、今日のお話を聞いてとても興味をひかれています!
 
曾根 まさに私が目指しているのが、松村さんのおっしゃるような存在なんです。アスリートだけでなく、一般の方へのサポートも行えるようにしていきたいですね。さまざまな職種の方が我々のサポートを必要としています。ケガをしたあとのリハビリはもちろん大事です。でも、ケガをしないための予防こそが最も大事ですから。この職業は、多方面から人々を支えるアスレティックトレーニングという名の“学問”のスペシャリストなんです。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事