B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

体の不安や悩みを傾聴し 
解決に全力を注ぐ整骨院

 

人を治す仕事で頑張れという父の言葉を胸に

 
glay-s1top.jpg
畑山 来院される方の多くは体に不安や悩みを抱えていますよね。その心を支える際に、どんなことを意識していますか?
 
岡田 同じ歩幅でサポートすることです。例えば高齢者の方は、腰痛にしても、整形外科に行けばいいのか、整骨院でいいのかなど、自分の不調をどこに訴えればいいのかわからず、大きな不安を抱いているケースがあります。たとえ整骨院の施術範囲外だとしても、そのまま帰したりはせず、「この症状なら●●科で診てもらったほうが良いですよ」というように、適切な診療科をご案内いたします。
 
畑山 健康の相談窓口のような役割を果たしてくれるわけだ。そういう場所が地域にひとつでもあると、安心ですよ。
 
岡田 おっしゃるとおり、私は地域の皆さんの健康の、相談窓口でありたいと常に思っています。お客様からよく聞くのは、「病院では『歳だから痛くてもしょうがない』と言われた」という言葉です。人体をよく知る医師からそう言われれば、痛いのを我慢するしかないんだと諦めてしまいますよね。でも、そんなときでも私は、相談に来てほしいと思います。話していただけば解決に向けて一生懸命に考えますし、解決の糸口を見つけられるかもしれません。
 
畑山 お客さんの思いに対して全力で取り組む岡田院長の姿勢は、本当に素晴らしい。実際に、整骨院の施術範囲外の相談を解決したことも、あるんじゃないですか?
 
岡田 そうですね。現在、手芸など、カルチャー教室的なイベントを開いていましてね。これは、お客様からの相談が発端ですね。「習い事とかしてみたいけど、やっているのはどこも遠くてねぇ」というお声をいただき、たまたま雑貨店を営む知人がいたので、こちらで開催してみたんです。
 
畑山 カルチャー教室ですか。そうなるとこの院を拠点に、地域のコミュニティもより強化されそうだな。この場で交流を深めた人と人とのつながりで、何かあったときにお互いに助け合えるかもしれません。そうなるとこの院は、街のセーフティネットにもなります。多くの人にとって、かなり有意義な取り組みだと思いますよ。
 
glay-s1top.jpg
岡田 ありがとうございます。誰か1人が幸せなのではなく、お客様やそのご家族、そして当院のスタッフ、そのご家族と、みんなが幸せになってくれることが一番です。
 
畑山 地域に密着し、そこで暮らす人の声に耳を傾け、一生懸命に貢献する。そんな岡田院長だからこそ、この地で10年以上も整骨院を続けてこられたんだとよくわかります。
 
岡田 亡き父は私に、「自分は機械を直す仕事だが、お前は人の体を治す仕事。どちらも人に喜んでもらえるいい仕事だから頑張れ」と言ってくれました。その言葉を胸に、今後も地域の健康を支え続けたいと思います。
 
畑山 これからも地域のみなさんを支えてあげてください。ご活躍、期待しています!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
施術で元気になっていく人を間近で見られると嬉しいですから、仕事を苦痛に感じたことはないですね。
(岡田泰明)
 
 :: 事業所概要 :: 
  ■ 事業所名 おかだ整骨院
■ 所在地 〒671-2112 兵庫県姫路市夢前町塩田114-2
■ 事業内容 整骨院運営
■ 設立 平成19年6月
■ 従業員数 5名
■ ホームページ http://www.okadaseikotu.jp
http://猫背矯正.jp
http://himeji-koutuujiko.com/ (交通事故施術)
http://himeji-diet.com (ダイエット施術)
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事