B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

体の不安や悩みを傾聴し 
解決に全力を注ぐ整骨院

 
 
glay-s1top.jpg
畑山 僕はフィットネスボクシングジムを経営していますけど、こんなマシンがあるとは知らなかった。どんな効果があるのですか?
 
岡田 簡単に説明すると、体の深層の脂肪を分解するキャビテーション、表層の脂肪を分解する超音波、電気信号を筋肉に与えて有酸素運動の効果を得られるEMS機器の3つの機能を同時に発揮するマシンです。EMSで脂肪を燃焼させやすくしつつ、短時間で筋トレをしたのと同じくらいの効果も得られます。
 
畑山 脂肪が燃焼しやすいのはいいですね。加齢で代謝が落ちると、なかなか脂肪は落ちませんからね。このマシンで脂肪燃焼がしやすい体にしてから運動するのもいいのでは?
 
岡田 私もそう思います。痩せにくい人は、このマシンで体質を変えてから運動をすると、より効果を得られると思います。
 
 

整形外科の経験も豊富

 
畑山 お客さんのためにという思いから、専門的なマシンまで導入するとは驚きました。お客さんが健康で楽しい生活を送れるように、あらゆる手を尽くしたいという思いが伝わってきます。そんな岡田院長がどうしてこの道に進まれたのか、大いに気になってきました。
 
岡田 整骨院の開業を初めて意識したのは、スノーボードの講師をしていた学生時代でしたね。肘を脱臼してしまったときに、カイロプラクティックの先生に診ていただき、「こんなにすごい技術があるんだ」と興味を持ったのがきっかけです。
 
畑山 僕は現役時代、岡田院長のような専門家にケアしてもらうと体のキレが見違えるほど良くなって、驚いたことがあります。岡田院長も、当時の僕のような気持ちだったんでしょうね。その後はどういう経緯で、整骨院を開くに至ったのですか?
 
glay-s1top.jpg
岡田 興味はあったものの、実はすぐにこの道に入ったわけではないんです。大学を卒業してからは、父の経営する大型産業機械のメンテナンス会社を継ぐため、機械修理技師の経験を積んでいました。しかし、父が病気になってしまい、会社も整理することになってしまいまして・・・。それで、一生続けられる仕事は何かとあらためて考えたときに、この道に進むことを思い当たったんです。すでに28歳になっていましたので、柔道整復師の学校で学びながら卒業したらすぐに開業しようと心に決めて、整体や整形外科の先生のもとでも勉強をさせていただきました。
 
畑山 整形外科でも働き、さまざまな症例に触れて知見を広げられたと。そうした経験を積まれたからこそ、それぞれのお客さんが抱える、多様な体の悩みに応えられるのだと思います。お客さんにとって岡田院長は、非常に頼もしい存在でしょうね。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事