B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

デザインから施工まで一貫して行う庭づくり
琉木造園/Lupine Garden 代表 柴重樹

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 畑山隆則(元ボクシング世界王者)
畑山 兵庫県丹波市で造園業を手がけ、外構工事を専門とする店舗Lupine Garden(ルピネガーデン)も運営している琉木造園(りゅうきぞうえん)さん。店舗は奥様の真理さんが店長を務めているそうですね。まずは、柴代表がこの業界に入ったきっかけをお聞かせください。
 
 自宅の近所に造園業を営む会社があり、その会社の社長と知り合いだったんです。その縁で入社し10年ほど勤務しました。その間、結婚し3人の子宝にも恵まれました。しかし、当時は家計が厳しい状況だったので家族を守るために、独立を決意しました。
 
畑山 若い頃から造園業の経験を積んで、ご家族のために独立したんですね! でも、独立するときはご苦労もあったのでは?
 
 確かに最初は、道具をそろえるための投資などで大変でしたね。でも、妻の理解や支えもありました。それに、現場で出会った人々からの仕事の紹介などもあり、事業を軌道に乗せることができたんです。私がこれまで造園業界で仕事を続けてこられたのは、人との縁や出会いのおかげだと感謝しています。
 
畑山 良縁に恵まれたことはもちろん、柴代表の技術が認められたからこそ、仕事が増えていったんでしょうね。それでは今後、力を入れていきたいことは何ですか?
 
glay-s1top.jpg
Lupine Garden店長の柴真理氏
 今年、2018年6月にオープンしたLupine Gardenの運営ですね。先ほど畑山さんにご紹介いただいたとおり、外構工事を専門とする店舗です。お客様のご依頼で、打ち合わせからデザイン、設計、現場作業のすべてを一貫して行います。工程の間に別の業者が入らないので、計画にズレが出ることがなく、コストも抑えることができるんですよ。また、営業時間や定休日も特に定めていないので、お客様の都合に柔軟に対応することが可能です。
 
畑山 デザインから施工まで一貫してできるんですか。それなら、お客さんのイメージどおりのお庭が実現しやすそうですね!
 
glay-s1top.jpg
 ええ。そこが私どもの強みだと思います。妻も造園に関する各種資格を持っていますので、女性目線での設計やデザインを行えます。さらに、建設機械も自前で用意できますから、大規模な工事を要する案件にも対応できますよ。
 
畑山 僕も先ほど施工例を拝見しまして、素晴らしいお庭をつくりたいという柴代表の思いが伝わってきました。これからもぜひ頑張ってくださいね!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
お客様に信頼して現場を任せていただけるのはもちろん、自分が手がけた作業のすべてが“庭”として形に残ることが何よりのやりがいであり、楽しさだと思います。
(柴重樹)
 

:: 事業所情報 ::

琉木造園/Lupine Garden

〒669-3312 兵庫県丹波市柏原町田路114-5

ホームページ
http://www.ryukizouen.com

 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事