B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

あかぬけた髪型と世界に 
誇るいやしの理容施術

 

世界に誇れる技術と精神を継承していく

 
glay-s1top.jpg
 銀座マツナガさんは、海外にも支店を展開しているとか。お聞きしたところでは、今後も海外への進出をお考えだそうですね。
 
松永 ええ。日本の高い技術を海外にも浸透させたいです。丁寧に人材を育成しながら出店していけば、現地のサービスも向上すると思います。
 
 先ほどニューヨークのお話もありましたね。やはり日本人の器用さやハサミの性能は世界でも通用しますか。
 
松永 ええ。どこに行っても評価は高いですよ。逆に、普段から高い技術に慣れている日本人からすれば、海外の方のやり方は荒く感じるでしょうね。
 
 それはわかります! 僕は1999年にスペインでサッカーをしていました。そこで、現地でカットしてもらったらとても荒くて、とんでもない髪型にされたんです(笑)。仕方ないので、わざわざ日本から美容師さんに来ていただいて、家でカットしてもらいましたよ。
 
glay-s1top.jpg
松永 そういう方は多いですね。確か、元サッカー日本代表の中田英寿さんもそうでしたね。
 
 はい。ちょうど僕はスペインで、彼はイタリアでプレーしていて、実は同じ担当の美容師さんだったんです。そうした経験もあり、やはり日本人の技術はすごいと思いますね。そんな日本の技術を海外に伝えることを含め、松永社長の夢や目標なども、ぜひお聞かせください。
 
松永 今後は特に東南アジアの国々に進出して、技術だけでなく仕事の楽しさも伝えていきたいですね。それに、最初にも言ったように、理容師業界は人手不足です。だから、いずれは海外で育成した理容師が日本で活躍することも期待しています。そしてもちろん、日本の若者たちにも期待していますよ。あかぬけた髪型と世界に誇る快適で気持ちの良い、いやしの理容技術と精神を、これからの世代にも継承していきたいですね。
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
経営者としては事業を拡大していくことや、従業員が成長していくことに喜びがあります。でも、現役の理容師としては、自分でなければできない仕事ができるように成長していくことが一番の喜びであり、楽しみですね。
(松永巳喜男)
 
 :: 会社概要 :: 
  ■ 社名 有限会社銀座マツナガ
■ 本店 〒104-0061 東京都中央区銀座2-6-5 フジヤビル
■ 京橋エドグラン店 〒104-0031 東京都中央区京橋2-2-1 京橋エドグラン1F
■ 事業内容 理容サロンの経営
■ 創業 昭和43年7月
■ 総従業員数 450名
■ 主な取引先 株式会社ガモウ
■ ホームページ http://www.ginzamatsunaga.com
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事