B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

誰でも気軽に農業体験耕作放棄地の再生に貢献
株式会社ぷちファーマーズ 代表取締役 玉置太朗

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー タージン(タレント)
タージン 会員制共同農園、「ぷちファーマーズ倶楽部」を運営する株式会社ぷちファーマーズさん。会員になると、どなたでも農業が始められるようにお膳立てしてくれるそうですね。
 
玉置 ええ。気楽にお試しいただけるよう、必要なものは全部用意します。農地、農具や機械、資材などを会員同士が共同利用することで、コスト面での負担を減らす仕組みにしていますので、お気軽にどうぞ。
 
タージン それなら、興味があれば誰でも気軽に取り組めそうだ。いいですね! 最近、都会を離れて、農業で生計を立てる暮らしに憧れる若者が増えているそうです。でも、そこに向けてなかなか一歩を踏み出せない人も多いようなので、御社のように気軽に農業体験ができる場があるのは、ありがたいと思います。個人でやるか、共同でやるかも選べるそうですね。
 
玉置 はい。専有エリアでは、ご自分で好きな野菜を好きなように育てられます。
 
タージン 完全に自分の土地として活用できると。一方、共同エリアでは土を耕す、種を蒔く、育てる、収穫をするなどと、会員同士で役割分担しながら作業ができると聞きました。
 
玉置 はい。単に野菜を育てるだけではなく、売って収入を得るまで、農業の全工程に関われます。同作業で生産から販売までを手がけ、その収益を、ご自分が流した汗の量、つまり仕事量に応じて公平に分配する仕組みにしています。
 
タージン 一般的な貸し農園や農業の体験スクールと一線を画しているのは、きちんと収入が得られる部分というわけですね。それなら例えば、育てるのは苦手だけど、収穫した作物を販売することなら得意――そういう方でも、会員として活躍の場がありそうですね。
 
glay-s1top.jpg
玉置 “販売することなら得意”の方でも仕事になります。どのように農業に関わるかは自由ですので、会員になることで、専有エリアで個人のブランドをつくっていただいてもいいですし、共同で統一ブランドをつくるのもいいと思います。今後は収穫した作物のトレーサビリティも管理できるようにしていきます。
 
タージン そうしたデジタルな部分は、玉置社長はもともとシステムエンジニアとして長く働いてきたそうですから、経験が生きるでしょうね。ずっと農業に従事していた方にはできない発想があると思います。
 
玉置 確かに、これまでの経験は何らかの形で生かしたいと思っています。この組織に人が集まることで、人手が足りていない農家さんを手伝いに行く活動などもしたいです。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事