B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

骨盤を整え体調を整えるママと子どもを笑顔に!
岡本mameラボ.  代表 岡本孝史

 
プロフィール 島根県出身。高校まで隠岐で過ごし、卒業後は兵庫県赤穂市の関西福祉大学社会福祉学科に進学。その後、専門学校に通い柔道整復師の資格を取得する。さまざまなクリニックやリハビリ施設で経験を積み、2017年に独立し岡本mameラボ.をオープンした。腰痛や産後ケアを専門に施術を手がけ、丁寧なヒアリングで一人ひとりの不調と向き合う姿勢が人気。高齢者や産後の不調に悩む女性から支持されている。【ホームページ
 
 
 
産後の体調に悩む女性は多いもの。兵庫県赤穂市の岡本mame(マメ)ラボ.は、出産で緩んだ骨盤を締める施術を行う、市内唯一の腰痛・産後ケア専門整体院だ。院長の岡本孝史氏は柔道整復師の資格を持ち、整形外科クリニックやデイサービス施設で治療やリハビリにあたるなど豊富な経験を経て開業。徹底したカウンセリングで顧客と目標を共有し、産後ケアを広めることで少子化を止めるなど、社会貢献にも意欲を燃やしている。
 
 
 

治療やリハビリなど豊富な経験をもとに独立

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー タージン(タレント)
タージン 兵庫県赤穂市で唯一の腰痛・産後ケア専門整体院、岡本mameラボ.さん。「マメ」というのは院長の出身地・隠岐の島の言葉で「元気」という意味だとか。その名称どおり、人々を元気にする岡本院長の歩みからお聞かせください。
 
岡本 私は高校卒業後関西福祉大学社会福祉学科に進学し、その後は特別養護老人ホームにて介護職や生活相談員として勤務しました。仕事を続ける中で以前から興味のあったリハビリに再び興味を持つようになり、一旦退職して東洋医療専門学校に入学し、働きながら勉強して柔道整復師の資格を取得したんです。整骨院に2年間勤務した後、整形外科クリニックに転職。腰痛リハビリのリーダーとして、3年半にわたり約1万人強の患者さんを担当しました。そして、リハビリ特化型デイサービスに2年半勤務する中、機能訓練指導員として、1日10人以上のお年寄りのリハビリを支えたんです。独立し、当院をオープンしたのは昨年2017年ですね。
 
タージン お話から、豊富な経験を生かした、満を持しての開業ということがよくわかります。それにしても岡本mameラボ.さんはウッディな内装に日差しがたっぷりと入り、素敵な雰囲気ですね。
 
岡本 ありがとうございます。やはり、お年寄りや産後のママさんには明るい気持ちになっていただきたいですからね。美容室を参考に、ワンランク上の整体院を目指しました。