B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

安心・安全な自然食品で毎日の生活から健康に
自然市場えころじあ 代表 伊東俊昭

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 杉田かおる(女優)
杉田 今日は東京・田園調布の自然市場えころじあさんにお邪魔しています。体に優しい食品や日用品がたくさん並んでいて、とてもわくわくするお店ですね。開業はいつ頃のことなのでしょう。
 
伊東 当店のオープンは28年前の1990年です。ただ、創業したのは私ではありません。もともと私はこの店の常連でした。
 
杉田 興味深いお話ですね。ぜひ、伊東代表のご経歴をお聞かせください。
 
伊東 私は不動産や飲食、アパレルなど、ざまざま職業を経験しており、その通勤途中に当店があったのです。私は子どもの頃から虚弱体質で、さらにひどいアレルギー体質でした。どこの病院に行っても同じことを言われ、同じ薬を処方されるだけの繰り返しでした。このまま生きていくのかと思うと、毎日がとても辛かったです。そんなある日、書店で自然療法について書かれた本と出合い、「病気を治すには食から正すのが基本だ」ということを学びました。
 
杉田 健康な人生を目指すため、一筋の光が見えた瞬間ですね。
 
glay-s1top.jpg
伊東 そうなんです。やがて私は少しずつ生活を変え、その本と出合ってから10年後にはアトピーも虚弱体質も克服することができました。その間、当店にも通うようになり創業者のオーナーと親しくなったんです。そしてあるとき、前オーナーが「後継者が見つからないが、ここへ来てくれるお客様のためにも閉店するわけにいかない。後を継いでもらえないか」とおっしゃいました。もちろん私はそれを快諾し、2000年に当店の経営を引き受けることになったのです。
 
杉田 30年近く前に、自然食品だけを扱うお店はほとんどありませんでした。それだけ長く経営していると、2世代、3世代にわたって通い続けるお客様も多いでしょうね。店内は照明が明るくて壁のイラストもカラフル。商品も見やすく陳列されていて、買い物がしやすい雰囲気に包まれているのも嬉しいですよ。どのような商品をそろえているのですか?