B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

心と身体を共にケア笑顔を生む訪問型鍼灸院
橋岡訪問鍼灸院 院長 橋岡隆雄

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 八木裕(野球解説者)
八木 大阪府堺市で、鍼灸の訪問治療・リハビリを手がける橋岡訪問鍼灸院さん。橋岡院長が施術に取り組む際の心構えをお聞かせいただけますか。
 
橋岡 当院のモットーは「周りのみんなを幸せにする」です。健康を通じて関わった方が幸せに感じる時間を増やせるよう、その心身の両方を支えられるパートナーになるために、しっかりとご対応していきます。
 
八木 訪問型にこだわっておられる理由についても、お聞きしたいです。
 
橋岡 もともと私は、関西でトップクラスの来院数を誇る人気整骨院で働いていました。あるとき、その整骨院が訪問治療も始めるようになったのです。ただ、それは長年通われている方が来院できなくなった場合など、あくまでも例外的な対応として。私はそのときに感じました。院内にいると、来院されている大勢の方のことを同時に考えながら施術しなければならないけれど、訪問ならご自宅にお邪魔している時間は、目の前の1人だけに向き合うことができる。私の場合はそのほうが、より良い施術をご提供できると気付いたんです。
 
八木 そもそも一人暮らしのお年寄りが体調を崩すと、通院も難しくなってしまいます。訪問していただけるなら、ご自宅にいながら体調を整えて生活の質を上げることができるし、皆さんに喜んでいただけますね。橋岡院長は依頼者のお宅を訪ねるとき、どのようなことを心がけていらっしゃるのでしょうか。
 
glay-s1top.jpg
橋岡 ヒアリングを大切にしています。当院に依頼される方の中には、ご本人がホームページなどで私の存在を知り連絡をくださる場合があるんです。このときは期待にお応えするためにも、何に困り、何を望んでいらっしゃるのかを詳しくお聞きしてから施術を始めますね。また、ご本人ではなくご家族やケアマネージャーさんなど、周囲の方が依頼してくださった場合は、施術を受けるご本人の緊張を解き、私を受け入れていただくためにも、その方が生きてきた背景や心の面も重視して接するよう心がけています。
 
八木 自宅に人を呼ぶのは、どうしても不安がつきものです。特に鍼灸治療は身体を触るので、受け入れてもらわないと効果も下がってしまうでしょう。橋岡院長が気遣いで皆さんの心を開き、最善の治療に取り組んでいることがよくわかりますよ。評判もいいのでしょうね。