B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

医療知識と豊富な経験で軽やかな身体へ導く施術
Body Care Studio CID 所長 大高慎平

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 矢部みほ(タレント)
矢部 茨城県水戸市の整体院、Body Care Studio CID(ボディケアスタジオシド)さんにお邪魔しています。暖色系の照明が落ち着く、サロンみたいな雰囲気! 大高所長の装いも、よく見る診療着とは違いますね。
 
大高 お客様との距離を縮める工夫なんですよ。治療院の仰々しい雰囲気では、お客様も痛む箇所や悩みごとを飲み込んでしまいがちです。実際、病院では「実はここも痛むんです」と後から話す患者さんが多いという話もあります。当院は、気軽に立ち寄れ、何でも相談できる場所でありたいと思っているんです。
 
矢部 お客さんのことを第一に考え、安心できる空間づくりを心がけておられるのですね。そもそも、大高所長がこの業界に入ったきっかけは何でしょう。
 
大高 高校時代に進路を考えていたとき、テレビで電車の脱線事故で怪我を負った方のリハビリをサポートする理学療法士を見たんです。困っている人を助ける姿が、とてもかっこよくて。それで私も専門学校に通って理学療法士の国家資格を取得し、病院に6年ほど勤務しました。
 
矢部 憧れって純粋な分、何より強い原動力だと思います。夢を叶え、実際に助ける側になってみてどうでしたか?
 
glay-s1top.jpg
大高 充実していましたね。ただ、患者さんが怪我をした理由や生活の背景などを考慮した、個々のケアが重要だと思うようになってからは、ジレンマも感じるようになりました。病院に勤務する理学療法士が施術を行う際は、医師から指示された箇所しかリハビリできません。だから、「実は腰も痛いんだよね」と言われても、そこをリハビリするためには再度医師に診断してもらう必要があるんです。患者さんが痛いと言っている箇所をすぐにでも施術してあげたいのに、できないという矛盾が日に日に大きくなって・・・。
 
矢部 患者さんのニーズに100%応えたいという思いが、その後の独立につながったのですね。
 
大高 ええ。一度業界を離れて自分には何ができるのか考えたとき、やはり理学療法の技術を、辛い思いをしている方々のために役立てたいとあらためて感じたんです。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事