B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
プロフィール (かねしん のりひこ)大阪府出身。学生時代から日本拳法に打ち込む。その縁で福岡県にある株式会社ラムロックの藤本隆二会長と出会い、誠実な人柄や福祉への考えに共感する。2013年、長年勤務した食肉卸の会社を退職。認知症による事故を未然に防ぎたいとの思いから、株式会社ラムロックが開発した製品の普及を決意する。大阪代理店として福祉用具のレンタル・販売を手がける株式会社ニチケンを設立した。【ホームページ
 
 
 
大阪府にて福祉用具のレンタル・販売事業を手がけている株式会社ニチケン。近年、増加する認知症による不慮の事故や行方不明者を減らしたいとの想いから、代表取締役の金新憲彦氏が特に普及に努めているのが「みまもりCUBE(キューブ)」だ。金新社長が惚れ込んだ製品の特長についてお聞きするとともに、学生時代から打ち込んできた日本拳法が結んだ縁と「人の役に立ちたい」という想いを語っていただいた。
 
 
 

認知症による事故を未然に防ぐ見守りカメラ

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 矢部みほ(タレント)
矢部 車いすや介護ベッドなど、福祉用具のレンタルや販売を行うニチケンさん。取り扱っている福祉用具の中に、見守りカメラという画期的な製品があるそうですね。
 
金新 はい。福岡県にある株式会社ラムロックが開発した見守りカメラ「みまもりCUBE」です。同社は主にソフトウエアの研究・開発を手がける会社で、その技術を応用し、認知症の方や介護が必要な方を見守るために開発したカメラです。弊社は2013年の設立以来この製品を代理店販売し、認知症による高齢者の不慮の事故を防ぐための手助けをさせていただいています。
 
矢部 ラムロックさんが開発した製品を金新社長が取り扱うようになるまでには、どのようなご縁があったんでしょうか?
 
金新 私は学生時代から日本拳法に打ち込んできました。そんな中で、日本拳法の先輩でもある株式会社ラムロックの藤本隆二会長と親しくさせていただいていたんです。私は以前、食肉卸の会社に勤めていました。その当時に藤本会長からお誘いをいただきまして、連休のときにはいつも福岡の道場に出向いて日本拳法の指導や練習をしていたんです。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事