B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
プロフィール 北海道出身。筑波大学を卒業後、健康づくりのトレーナーとして働き始めたが、兄弟の健康問題をきっかけに肉体だけでなく心も幸せで健康になれる仕事をすべきだと一念発起。心と身体のコンディショニング施設として「Studio D Style」を開く。8年間のトレーナー経験をもとに、誰もが精神的、肉体的に健康で、社会とも密接に関わり幸せに生きることをサポートするため、2018年4月に健幸エンターテイメント(株)を立ち上げた。【ホームページ
 
 
 
「健幸エンターテイナー」として、心と体の健康増進に取り組むのが、茨城県つくば市でリラクセーションや、パーソナルトレーニングの専門ジム「Studio D Style(スタジオディースタイル)」を運営する守屋俊甫氏だ。新会社、健幸エンターテイメント株式会社を設立し活躍の場を広げる守屋代表に、「ソーラン節」を応用した活動や「ツクバあさん47」の人気ぶり、さらに画期的な「ゼロ円フィットネスジム」のプランなどをお聞きした。
 
 
 

健幸エンターテイナーとして新会社を設立

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 川村ゆきえ(タレント)
川村 茨城県つくば市を拠点にリラクセーションや、マンツーマン専門のトレーニングジムを展開する「Studio D Style」さん。守屋代表からいただいた名刺には、肩書きが「健幸エンターテイナー」と書いてあって目を引きます。健幸エンターテイナーとは、どのような職業なのでしょう。
 
守屋 人間は、幸せになるために生きるものですよね。そして、幸せに生きるには健康でいる必要がありますし、幸せだから健康になれるんです。誰もが精神的、肉体的に健康で、社会とも密接に関わりながら幸せに生きることをサポートする。私は、そのような事業に取り組むため、今年、2018年4月に健幸エンターテインメト株式会社を立ち上げました。健康に、幸せに生きることを“健幸”と呼んでいます。そして、健幸エンターテイナーとは、今の私の活動を一言で表現する肩書きなんですよ。
 
川村 確かに心身を鍛えて健幸を目指すにしても、楽しくなければ長続きしません。だから肩書きに「エンターテイナー」が入っているんですね。
 
守屋 おっしゃるとおりですね。私はもともとパーソナルジムを開き、トレーナーとして活動を続けてきました。その中で「痩せたい」「スポーツの能力を上げたい」「メンタルケアをしたい」「高齢になったが自分の足で歩きたい」など、健幸に関するニーズがたくさんあることを実感したんです。そのすべてをカバーして楽しく生きることをプロデュースするために、コーチやコンサルタント、カウンセラーなどを兼ねたトータルサポートをすることが私の役割なんですよ。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事