B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

若さならではの感性と
本気の遊びでクリエイト

 
 
glay-s1top.jpg
矢部 それにしても、23歳という若さで起業とは思い切りましたね。かくいう私も飲食店を始めるときは勢いでスイッチが入ったというか、深く考えずに始めました。何とかなるだろうって(笑)。
 
江口 20代の強みって、あると思うんですよ。「私たち、頑張っている若者です」というアピールができますから(笑)。私たちの考えに共感してくださる経営者の方から、応援の意味も含めて仕事をいただいたこともあります。クライアントとしても「若いからたいしたことはできないだろう」と考えておられるようですが、相手の期待をいい意味で裏切る、レベルの高いものを提供して、そのギャップに驚いてもらうのも心地いいんです。
 
中野 私たちの世代は、若いから仕事ができないとか、若いから仕事が受注できないと卑屈になっている人が多いように思います。でも、若い世代だからこそできることもあると伝えていきたいですね。
 
矢部 本当は起業したいけど、若いから失敗すると考えて躊躇している人もいるでしょうね。
 
glay-s1top.jpg
江口 新卒の間は会社を辞めてはいけないとか、就職したら3年は我慢しないといけないとか、そういう固定観念を、私たちが壊したいと思っています。辞めて起業したっていい、別の働き方もあるんだよ、と示したいですね。
 
中野 今は経営者の成功像が極端化していると思うんです。起業したら必ず孫正義さんみたいにならないといけない、みたいな。でも、孫正義さんになれなくても、地に足をつけて、自分たちが補える範囲で仕事をして生活できたら、それも1つの成功の形ではないでしょうか。
 
矢部 世間の評価より、自分がいかに納得できるかですよね。お話をうかがって、今後の展開が楽しみです。
 
中野 ありがとうございます。屋号をTECH CARAVANとしたのは、将来的に旅をしながら仕事をしたいと考えているから。今後、さまざまな仕事をしていく中で、マーケティングにも強くなれたら、地方で、その地域の観光資源をPRするようなWebやイベントを立ち上げたいですね。軌道に乗ればまた次の町に行く、というスタイルを実現したいと思っています。
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
仕事を楽しむのは、私にとって当たり前のことですし、多くの人にとってもそうであってほしいですね。そのためにも、日々勉強と経験を重ね、常に新しい作品を生み出していきたいです。
(江口愛里)
 

:: 事業所情報 ::

TECH CARAVAN

〒135-0004 東京都江東区森下3-5-23 アーバネックス森下504

ホームページ
http://www.techcaravan.jp

 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事