B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

スクールと飲食業経営で 
サッカーの裾野を広げる

 
 
glay-s1top.jpg
 僕も昔は飲食店を経営していたことがあるんです。他の方に譲ってしまいましたが、楽しく経営していました。どのようなお店を構想されているのですか。
 
板垣 高価な品を提供するのではなく、幅広い世代の人が気軽に集える店、お酒を飲みながらサッカーの話やフットサルの話ができるような店にしたいと思っています。人と関わることが好きなので、人と人とをつなげられるような空間にしたいですね。
 
 サッカーファンが多く訪れる店になればいいですね。
 
板垣 そうですね。店舗もいくつか展開したいと思っています。例えばなんですが・・・1号店は「ゴリラ」、2号店は「ライオン」と名付けて、少しずつコンセプトを変えていきたいんです。それをとりまとめるのが「アニマルバル」ということで(笑)。
 
 楽しい店になりそうだ(笑)。開店したら寄らせていただきますよ。府中にはインテルアカデミーの仕事でしばしば訪れますし。
 
glay-s1top.jpg
板垣 ぜひいらしてください。ただ、インテルアカデミーでスポーツディレクターを務めていらっしゃる城さんに、今回こうしてお時間をいただいたことで1つ気になることがあります。競合というにはおこがましいのですが、同業他社でもある私がこうして城さんとお話をさせていただいて大丈夫なのでしょうか?
 
 全く問題ありませんよ。お互いやっていることは一緒でしょう? 子どもがサッカーに触れ、楽しんで、うまくなってくれたら、どこのスクールに所属していてもいいと思うんです。いや、うまくならなくてもいいかな。僕たちがしているのは、プロを育てることではありません。板垣社長がおっしゃったように、サッカーが好きな子どもを増やすことです。その中からプロになる子もいるでしょうし、プロにならなくても、ずっとサッカーファンでいてくれるなら、教える立場としてこれほど光栄なことはありませんよ。
 
板垣 おっしゃるとおり、子どもたちの「好き」という気持ちを支えることで、サッカーの裾野を広げていけたら本望ですね。これから、サッカーを通じて、飲食事業を通じて、人と人とをつなぎ、地域に貢献していきたいと思っています。
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
テンションを上げて仕事に取り組んでも、いずれは無理が生じます。しかし、パッションを持って取り組めば、困難なことにも前向きに取り組むことができるんです。そのためにも、自分が好きだと思うことに携わることが大切です。
(板垣敬大)
 

:: 企業情報 ::

株式会社アニマルバル

〒183-0005 東京都府中市若松町1-12-18-102

ホームページ
http://www.animal-bar.jp/
フェイスブック
https://www.facebook.com/animalbar.fuchu

 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事