B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー タージン(タレント)
タージン インプレッションゴルフ株式会社さんは、ゴルフ場やゴルフ練習場の運営コンサルティングを手がけているそうですね。
 
竹内 はい。私は大学卒業後、大手外食企業に就職。その後、ヘッドハンティングにて国内最大手と中堅ゴルフ場運営会社、関連商事会社にて地域統括職やゴルフ場支配人、そして法人営業統括として勤務するなど、23年間にわたりあらゆるゴルフ場運営を経験しました。ただ、バブル崩壊後の装置産業的なゴルフ業界を目の当たりにし、微力ながら何か自分でできることはないかと思い、勇気と決断力をもって2017年12月に弊社を設立したんです。
 
タージン ゴルフ場や練習場の運営をどのように改善するんですか。
 
竹内 収益改善は最大のミッションです。ただ、ゴルフのプレー料金を安易に下げたり、むやみにコスト削減したりするだけでは健全経営として長続きしません。大切なのは“人”です。スタッフの自発的な“やる気”を引き出し“顧客目線”でサービス展開することで“ファン”を獲得していくことがコンサルの大切なファクターだと考えています。
 
タージン スタッフの接客が大切なんですね。
 
竹内 ファンになっていただけるようなハートフルな接客こそゴルファーを増やす最高の特効薬。その中心となるのは第一線で頑張るスタッフの方々です。私は“改善”のみならず“改革”の見地より、オーナー様や経営者様と共に考え、さらに現場の皆さんと協働していくことで、ゴルフの“快感”“共感”そして“感動”が生まれると信じています。
 
タージン 私は43歳でゴルフの楽しさに目覚めました。若い人たちには「一度ボールを飛ばせたらおもしろくなる」と言っているんですよ。
 
glay-s1top.jpg
竹内 心強いです。弊社では2018年6~7月に業界初のビジネスマッチングサイトを開設します。このサイトは、ゴルフ業界の敷居の高さや、装置産業的な要素を打破するきっかけとして、企業が商材や企画を売り込んだり、ゴルフ場や練習場のオーナー様が、新たな企業とのお取り引きをスムーズに始めたりするための業界横断的プラットフォームを提案していきます。いろんな方のお力をお借りして新しい施策を打ち出すことで、少しでもゴルフの感動をたくさんの人に体感していただきたい。ゴルフをこよなく愛する「業界の何でも屋」としてこれからも全力を尽くします。
 
タージン ゴルフ愛に溢れた豊富な経験とアイデアを活かした活動に、期待しています!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
「Live in the moment!」。「この瞬間を精一杯生きる」ことです。周囲の人がくだらないと思うことでも、自分が興味を感じることに全力で取り組むのが私の信条。そうすれば、仕事だけでなく人生を楽しめます。
(竹内悟)
 

:: 企業情報 ::

インプレッションゴルフ株式会社

〒651-1303 兵庫県神戸市北区藤原台南町3-10-5

ホームページ
https://impressiongolf.amebaownd.com