B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
プロフィール 大阪府出身。近畿大学医学部を卒業後、大学病院に20年以上勤務する。糖尿病をはじめとする代謝疾患や、ホルモンの異常が原因となる内分泌疾患を専門とし、診療に携わってきた。その後、市中の医療機関での勤務を経て、東京の高輪でかがやき内科・糖尿病クリニックを開業。大病院が多く開業医の数は少ない高輪で、地域住民が気軽に健康のことを相談できるクリニックに育てるべく、尽力している。【ホームページ
 
 
 
厚生労働省の2016年の調べによると、糖尿病人口は1000万人を超えるとされる。いっぽうで糖尿病専門医の有資格者は5000人にも満たず、適切な治療が受けられないまま病状を悪化させる患者も多い。糖尿病専門医の一人である原田剛史医師は、2017年、東京都港区高輪にかがやき内科・糖尿病クリニックを開業した。糖尿病はもちろんのこと、一般内科やホルモンの異常からくる内分泌疾患にも対応するなど幅広く患者の相談に乗り、住民の健康を守っている。
 
 
 

日本では希少な糖尿病専門クリニック

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 川﨑麻世(タレント)
川﨑 明るく、開放的な院内ですね! 窓からの眺望も素晴らしいし、清潔感もあります。まだ新しいようにお見受けします。オープンされたのはいつですか?
 
原田 2017年の10月です。「かがやき内科」と名付けましたので、それに相応しい内装を心がけました。
 
川﨑 ネーミングもいいですね。患者さんに「輝かないか?」と呼びかけているように聞こえます。
 
原田 ありがとうございます。病気になると誰しも気分が落ち込みますよね。しかし、「治るんだ、治すんだ」という希望を持っていただき、失われた輝きを取り戻してもらいたいとの思いからこの屋号にしたんです。
 
川﨑 ネームプレートを拝見すると、「かがやき内科・糖尿病クリニック」と続いています。循環器科や消化器科を標榜しておられるクリニックは見かけますが、糖尿病を掲げておられるところは初めてです。
 
原田 そうかもしれませんね。何しろ、日本にはおよそ30万人の医師がいる中、糖尿病専門医は全医師数の1.6%しかいませんから。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事