B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 鈴木尚広(野球解説者)
鈴木 株式会社スピーディーさんが運営しておられる、埼玉県三郷市の少年野球教室Baseball School "Let's"(ベースボールスクールレッツ)さん。今日は、とても広い室内練習場にお邪魔しています。これだけのスペースがあって、好きな時間に自主練習できる環境は見事ですね。さっそくですが、Baseball School "Let's"さんの代表である高際マネージャーは、どのようなご経歴の方なのでしょう。
 
高際 私は小学校から高校まで野球漬けの毎日を送っていました。大学でも続けたかったものの、肩を壊して選手を断念しまして。母校の高校で指導を始めました。卒業後、前社でコーチを務めていたときに、当スクールの母体である運送会社・株式会社スピーディーを経営する礒野尚社長と知り合いました。礒野社長も少年野球のコーチをしていた方で、お話しさせていただいたことがきっかけだったんです。
 
鈴木 現在礒野社長のもとで野球教室の指導をされているということは、お2人の指導に対する理念が一致したのでしょうか。
 
高際 おっしゃる通りですね。礒野社長は、まるで大人がリモコンで子どもを動かすような指示ありきの教え方ではなく、子どもたちの個性や考える力を最大限に引き出す指導をしたいと考えていました。当時は大きな組織だったので、どうしてもマニュアル通りの指導になりがちだったんです。そんなとき、礒野社長から「スポーツ事業を始めるから一緒にやろう」と声をかけていただきました。
 
glay-s1top.jpg
練習を見学する鈴木さん
鈴木 野球に懸ける互いの思いが、見事にマッチしたというわけですね。高際さんが掲げる指導の理念を教えてください。
 
高際 それは、子どもたち一人ひとりに寄り添った教え方をすることですね。子どもたちは身長も体重もスキルも異なるのだから、それぞれに合った指導が必要だと思うんです。そして楽しみながら野球に取り組み、野球を好きになってもらうこと。子どもたちには、個性を表現できる人間になってほしいんです。そのためにも、彼らがやりたいと感じることを実現できるスクールにしたいと考えています。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事