B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 狩野恵輔(野球解説者)
狩野 店舗や住宅の新築、リフォームを手がける店舗デザイン設計IKU(イク)さん。一級建築士の南代表にお話をうかがいます。
 実は、最近家を建てた際、女性の建築士さんにお世話になったので、同じく女性の南代表とお会いするのが楽しみだったんです。
 
 活躍されている女性が多い中で、そうおっしゃっていただけると私も励みになります。
 
狩野 女性の建築士さんにお願いして、本当に良かったと感じています。というのも、自分でも「多いかな」と思うほど出した注文の全てに、その方は応えてくれたんです。先入観にとらわれず引き受けてくれる柔軟性は女性ならではだと思います。
 
 住まいだけでなく、店舗でも決まりきった形式で建てるより、その人の個性が表現されたもののほうが良いですからね。私も施主様には、「細かい要望を聞いてからのほうがありがたいので、何でも話してください」とお伝えしてからヒアリングするんです。
 
狩野 ありがたいとは意外ですね。注文が細かいと困るのが普通ではないのでしょうか。
 
 完成後、やっぱりこうしたかったと後悔してほしくないですからね。例えば「壁の後ろにわからないように収納をつけたいんだよね」と言っていただくだけでも構いません。そうすれば事前に対応できますし+αの設計アドバイスもできます。
 
狩野 なるほど、つまりどんな家具を置きたいかを伝えるだけでもいいんですね。
 
 些細なことからでも、イメージを具現化できますからね。といっても、施主様の意見をただ形にするだけでなく、趣のあるタイルを使ったり、白い壁の中にちょっとした差し色を使ったりと、デザイン性を盛り込むことで喜んでいただいています。
 
glay-s1top.jpg
狩野 私は注文を多く出したので完成までに時間がかかりましたが、その分完成時はとても感動しました。いっぽう、建築士さんはどこにやりがいを感じて、根気強く付き合ってくれたんだろうと不思議だったんですよ。そういった原動力は、どこからくるのでしょうか。
 
 施主様の反応ですね。「わぁ!」と驚いていただけることが、大きなやりがいなんです。屋号である「IKU」は印象づけるという意味の「Impress」、親切なアドバイスをという意味で「Kind」、役立つデザインを提供するという意味で「Useful」という言葉の頭文字を取っているんです。その空間を利用する人がパッと笑顔になるような住まいづくり、さらにリピーターが多い店舗設計にも、今後は力を入れていきたいと思っています。
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
私が設計した空間を使ってくださるお客様の喜んでいる顔や、小さな工夫に感動してくださった顔をイメージすることです。
(南郁子)
 

:: 事業所情報 ::

店舗デザイン設計IKU

〒639-0266  奈良県香芝市旭ヶ丘4-11-16

ホームページ
https://tenpo-iku.com

 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事