B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

理想歯材ジルコニアで
口元に明るさと安心を

 

ジルコニア専門の歯科技工所

 
glay-s1top.jpg
詰め物などをつくるのは歯科技工士の仕事
芹那 それにしても、たくさんの機械がありますね。どこの技工所にも、このような機械があるのですか?
 
千野 いいえ、当所は一般の技工所とは使っている機械が異なります。と言うのも、当所はジルコニア専門の技工所なんですよ。
 
芹那 ジルコニア?
 
千野 はい。現在、保険治療や自費治療でも使われている詰め物には金属材料が使われています。いっぽう、ジルコニアは「白い金属」とも言われ、元々は金属素材でありながら、酸化させることによってセラミックに変質する特殊な材料なんです。
 
芹那 白い材料なら見た目にも目立ちませんね。
 
千野 そうなんです。金属を使用すると治療跡が目立ってしまったり、人によっては金属アレルギーを引き起こしてしまったりすることもあります。また、金属の上にセラミックを被せたものですと、金属色を隠すために歯のエナメル質部分を削り取らなければなりません。エナメル質を削り取ると歯がもろくなってしまい、治療をしても数年後にはまた再治療をしなければならないことが多々あります。そのたびに歯を削っていくのですから、歯を治すどころかダメにしていると言っても過言ではありません
 
芹那 歯なんてもともと小さなものだから、度々削っていたら、そのうち削るところもなくなってしまいます。
 
千野 その通りです。ジルコニアは歯科業界に導入される以前から、自動車やロケットの部品としても使用されていたほど強度が高く、耐熱性も耐久性にも優れているため、ジルコニアを使うことによって、歯の削除量を最小限に抑えることができます。
 
glay-s1top.jpg
芹那 様々な面で金属よりも優れているんですね。なのに、どうして歯科医院では銀歯を勧めるんでしょう?
 
千野 ジルコニアは自費治療となるので、費用面の負担が大きいんです。歯科医師もジルコニアを勧めたいのはやまやまだけど、保険内治療を望む患者様には金属材料を使わざるをえない、というのが実情でしょうね。
 
芹那 それなら、医療制度そのものを変更して、ジルコニアを保険適用にすればいいのに。
 
千野 おっしゃる通りですね。日本の歯科医療は、欧米に比べて大きく遅れを取っています。私がアメリカのシカゴで10年間、歯科技工士として働き技術を磨く中、一般の人の歯に対する意識の違いに驚きました。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事