B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
プロフィール 京都府出身。18歳で解体工事会社に就職。厳しい親方のもとで腕を磨いた。大手の解体工事会社への移籍を考えていた20歳のとき、取引先の社長の勧めもあり独立を決意し、神田建業を立ち上げる。その後、元同僚の井尻龍晃氏も加わり、ゼロからのスタートだったものの熱意ある仕事ぶりが評判を呼んで事業規模は順調に成長。現在、本拠地の京都府京都市の解体工事会社の中でも、目を見張る躍進を遂げている。【ホームページ
 
 
 
建物を新たにつくる際は、土地を更地にすることから始まる。つまり解体業者は、現場近隣の住民が最初に接する業者となる。「私たちは、その後の全工程の業者への印象を左右しかねない立場だ」と語るのは、神田建業の神田竜生代表。近隣住民への気配りはもちろん、安全第一を徹底し、危険な鉄骨建築の解体もスピーディにこなす。「いい建物が立ちそう」と予感させるような仕事ぶりで、京都を中心に関西一円で多数の現場を手がけている。
 
 
 

危険度の高い解体現場も安全にこなす

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 畑山隆則(元ボクシング世界王者)
畑山 地元京都を中心に、滋賀や大阪など関西で活躍される、総合解体工事業者の神田建業さん。本日は神田代表と営業担当の井尻龍晃さんのお2人にお話をうかがいます。まず、どのような建築物の解体を請け負っておられるのですか?
 
神田 メインは鉄筋コンクリート造の建物です。大きいものでは10階建てのマンションなども手がけています。もちろん、一般的な木造家屋も対応していますよ。
 
畑山 10階建ての建物というと、かなり大きいですね。となると、相当の解体機材もそろえているのでしょうね。
 
神田 ええ、ユンボをはじめとした機材を自社でそろえています。そこは私たちの強みですね。
 
井尻 ちなみに鉄骨の建築をメインで請け負っているのも、弊社の特長です。鉄骨建築の解体は木造に比べて危険度が高く、多くの資格を必要とします。なので、どんな人でも簡単にできる仕事ではないんですよ。
 
畑山 求められる資格、コンプライアンスを遵守し、安全面にも徹底的に配慮されているんですね。
 
神田 はい。具体的に挙げると、例えば安全面では、長袖着用の徹底ですね。ちょっとした怪我の防止になりますから。
 
畑山 そういう細かい部分への注意も怠らない会社だと、非常に信頼が持てます。