B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
千葉県出身。幼少時に治療を受けたことがきっかけで外科医を志す。その後、推薦試験で東京歯科大学に合格したことを機に口腔外科に興味を抱き、同大に進学。歯科医師免許取得後は東京歯科大学市川総合病院や東京西徳洲会病院、東京衛生病院、印西総合病院の口腔外科で多くの症例を経験した。さらに、都内のクリニックや美容外科で一般歯科やインプラント、美容歯科など多岐にわたる知識・技術を習得。2016年、神奈川県横浜市に関内馬車道デンタルオフィスを開院した。【ホームページ
 
 
 
歯科恐怖症やパニック障害、嘔吐反射などの影響で歯科に通えない人もいる。そうした人々の希望の光となっているのが関内馬車道デンタルオフィスだ。同院では希望に応じて、眠った状態で治療を受けられる静脈内鎮静法を提供。難症例の一つである、複雑な生え方をした親知らずの抜歯も無痛のうちに済ませてくれる。院長を務める河合毅師氏は、大学病院や総合病院での口腔外科手術執刀例も多く、県外・国外からも患者が訪れるほどの技術の持ち主だ。
 
 
 

様々なケースを想定して院内をデザイン

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 矢部みほ(タレント)
矢部 河合院長には開業間もない時期にB-plusで取材をさせていただき、今回が2回目のご登場になります。虫歯、親知らずの抜歯、歯茎のケア、インプラント治療など歯のことなら何でも相談にのってくださるそうですね。
 
河合 はい。私はここで開業するまでに、歯科に関するあらゆる分野の知識と技術を勉強してきました。矯正なら矯正だけというように、専門志向が強まっている業界の中で、私はスペシャリストであり、ゼネラリストでもありたいと思っています。その考えから総合的な歯科治療を行なっております。
 
矢部 それは頼りになります! 症例によって別の歯科に通うより、1つの場所で同じ先生に担当してもらうほうが効率的ですし、安心もできますよね。それにしてもこちらの医院は噂通り、ラグジュアリーな内装が素敵ですね。
 
河合 開業前に勤めていた「アトラスタワー歯科」がグランドハイアットをイメージしてデザインされていたので、そのエッセンスを当院でも取り入れました。内装工事を行うにあたって、あえてデザイナーは入れず、施工業者と私でデザインを考えましてね。設計士の方とは、累計で50時間くらい打ち合わせをしました(笑)。
 
矢部 50時間!? 細部まで相当こだわられたのでしょうね。
 
河合 最初はオーソドックスな設計だったのですが、「こういったケースにはどう対応するか」と、様々なシチュエーションを想定して設計したら、凝ったつくりになりました(笑)。例えば、この受付はツーウェイで、セミナールームにもなるんですよ。スクリーンを下ろし、プロジェクタで投影して、院内セミナーを行うこともあります。