B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

積み重ねた知識と経験で
長く暮らせる家をつくる

 

家は売るものではなく建てるもの

 
glay-s1top.jpg
畑山 人間関係を重視される山本社長ですから、長いお付き合いの施主さんも多いのではないですか?
 
山本 長い方では20年以上、毎年のように大小様々なリフォームをご依頼してくださる方もいます。
 
畑山 1人の大工さんにずっと我が家を手がけてもらえる。昔なら当たり前だったことですが、今の時代だととても贅沢なことに感じますね。
 
山本 おっしゃる通り、お客様と家族のようにお付き合いする建設会社は減ってきていると思います。お客様の中からも「図面が完成したら、あれよあれよという間に家が建ってしまった」、「もっと打ち合わせをしたかったのに、話すタイミングがわからなかった」といった悩みの声を聞くことがありますね。
 
畑山 どちらの悩みも、打ち合わせ不足という問題がありますね。原因はどこにあるのでしょうか?
 
glay-s1top.jpg
山本 私の意見としては、住宅を商品として見ているからだと思います。設計図が完成する前に価格が決まっていて、マニュアル通りにつくっていくと言うのでしょうか。お客様にとって大切な住まいを、数ある受注物件の1つとしか見ていないから、細かいところの打ち合わせをできていないのでしょうね。
 
畑山 T・CRAFTヤマトシさんが「家を建てる会社」とすれば、そのような会社は「家を売る会社」というわけですね。後者の会社ですと、何か注文を出しても「すぐには返事できない」と言われることもありそうです。それも、打ち合わせ不足になる要因になるのではないでしょうか。
 
山本 そうですね。ただ、答えたくても答えられないケースもあると思います。特にリフォームでは、前回手がけた職人さんがどんな工事をしているか、フタを開けてみるまでわからない場合がほとんどでして。経験が浅かったり、マニュアルに従った作業ばかりこなしてきたりした職人さんだと、その場での対応は難しいんですよ。その点、私をはじめ、協力業者の水道工事、電気工事の職人は、みんな経験豊富な親方です。大手企業では、専門知識のない社員の方が工事を担当することも少なくありません。しかし弊社では信頼している個人店にお願いしているので、経験豊富な職人が来てくれるのです。だから、その場でお客様が思いついた要望にも、臨機応変に対応いたしますよ。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事