B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 山本隆弘(元バレーボール選手)
山本 今年2017年、大阪府茨木市に開業したクローバースタイル法務事務所さんにお邪魔しています。まずは平井利誉(ひらい としたか)代表のご経歴を教えていただけますか。
 
平井 私は滋賀県米原市出身で、大学卒業後、小売店の食品販売や美容品メーカーの営業職に就きました。しかし「これは自分のやりたいこととは違う。何かしっくりこない」という違和感があったんです。そんなとき、高校時代の友人が司法書士になったと知り、仕事の内容を聞いてみると、私に向いているのではないかと思いまして。26歳で会社を退職し、退路を断って試験に挑みました。そして30歳のときに合格することができたんです。
 
山本 司法書士の試験は難関です。その険しい道を乗り越えた平井代表には勇気があり、夢は努力すれば必ず実現できると教えられますね。合格後はどのような歩みを?
 
平井 大阪の司法書士事務所に13年間勤務し、8000件以上の不動産・法人登記などの実務経験を積んできました。それらの経験を生かし、中小企業の良きパートナーとして経営をサポートするため開業を決断したんです。
 
山本 平井代表は、ファイナンシャル・プランニング技能士でもあるとお聞きしました。そちらの資格を取った理由はなんだったのでしょうか。
 
平井 司法書士はお客様の財産を管理するのも業務の1つ。ファイナンシャルプランナーの資格があれば、企業の資金運用のお手伝いをするのにも役立つからです。
 
山本 創業する方は、営業力や技術力には自信があるけれど、法律や経営の面はよくわからないという場合も多いですよね。平井代表のように、法律とお金の両面から事業を支えてくださる方がいると安心できます。
 
glay-s1top.jpg
平井 経営者の方々には、事業そのものに力を入れていただきたいと思っています。資金繰りなどお金の心配をせず、経営者が本業に集中できるようサポートするのが私の役目なんですよ。
 
山本 身近な法律家としての司法書士、そして、お金の専門家としてのファイナンシャルプランナー。2つの専門知識で経営をサポートしてくださるわけですね。これは心強いですよ!
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事