B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
プロフィール 茨城県出身。体育大学時代は勉学に励みながらスポーツジムでトレーナー職を経験。卒業後は鍼灸師・あん摩マッサージ指圧師と柔道整復師の専門学校に通い、それぞれ資格を取得した。その後、トレーナー派遣と接骨院を経営する会社に入社。様々なトップアスリートのトレーナーを担当するなど技術を磨き知識を蓄えた。同社が運営する3つの接骨院で院長を務めるなど、経営面でのノウハウも積んだ。2015年11月に独立し、さくら鍼灸整骨院を開業。【ホームページ
 
 
 
東京都葛飾区のさくら鍼灸整骨院。院長はバレーボールや柔道、サッカーなど、数々のトップアスリートのトレーナーを務めてきた和田規克氏だ。その研ぎ澄まされた技術を一般の来院者にも応用し、「地元、葛飾区の皆さんの健康づくりに貢献したい」と2015年に開業したという。元バレーボール日本代表の山本隆弘氏と和田院長が、それぞれの経験をもとに語り合った。
 
 
 

数々のアスリートのトレーナーを務めて独立

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 山本隆弘(元バレーボール選手)
山本 オリンピック出場選手ら、トップアスリートのトレーナー経験をお持ちだという、さくら鍼灸整骨院の和田院長。独立前のご経歴から教えていただけますか。

和田 私は学生時代、体育大学に通学しながらスポーツジムでトレーナーをしていました。卒業後は鍼灸師・あん摩マッサージ指圧師の専門学校に3年、柔道整復師の学校にも3年間通って資格を取り、トレーナー派遣と接骨院を経営する会社に入社したんです。そちらでは3つの接骨院でそれぞれ院長を務め、15年間にわたって経験を積みました。そして、2015年11月に当院を開業したんです。
 
山本 鍼灸師・あん摩マッサージ指圧師と柔道整復師の資格を持っていらっしゃるとは心強いです。しかも、スポーツトレーニングの知識や指導経験も豊富だと。そのノウハウを施術に活かしていただけるなら、一般の来院者さんにとっても大いに頼りになる存在だと思います。和田院長は、これまで様々なスポーツチームのトレーナーを担当してきたんですよね。
 
和田 そうですね。2013年にはバレーボールの全日本代表チームのトレーナーを務めました。その他、実業団の柔道部、JFLのサッカーチーム、大学の相撲部や女子バレー部などでトレーナー職を歴任してきました。さらに総合格闘家、櫻庭和志選手のトレーナーを続けて今年、2017年で10年以上になります。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事