B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 三浦淳寛(サッカー元日本代表)
三浦 らくらく音楽整体カフェゆうみんさんは、音楽療法と無痛整体を組み合わせたカフェ風サロンなのですね。
 
利根川 はい。以前より肢体不自由児や知的障がいを持った子どもたちにストレッチやマッサージを行っており、心と体の両方を癒やせないかと考えていました。また、前職で音楽科の教員として音楽の力を実感していたので、音楽と整体を取り入れ、生活や体そのものが良くなっていく場所をつくりたいと思ったんです。カフェ風にしたのは、訪れた人がより寛げると思ったからなんですよ。
 
三浦 僕は現役時代、整体と音楽の両方にとてもお世話になりました。試合や練習の調整のために整体の施術を受けますし、遠征時には音楽を聴いていてリラックス。特に精神面を安定させてくれる音楽の力の大きさは、常々感じています。
 
利根川 しかも、副作用がないのが音楽の良さですよね。不眠で薬に頼っていた方が、整体で筋肉がほぐれ、さらに音楽で心がほぐれたことで「眠れた」とお聞きすると、本当に嬉しいんです。
 
三浦 今後、音楽の授業やレクリエーションのプロデュースも考えておられるとか。
 
利根川 はい。障がいを持つ子どもにとって、言葉での指導やコミュニケーションは難解な場合もあるため、教員時代には音楽とジェスチャーだけで進める授業や指導を行っていました。その経験を活かして、参加者が楽しめる授業やイベントのプロデュースも手がけていくつもりです。近々ハープを使った演奏会を開催する予定で、セミナーやワークショップへの展開も考えています。
 
三浦 笑顔が広がる憩いの空間になりそうですね。
 
glay-s1top.jpg
利根川 そうですね。障害や悩みを持っている人の居場所になり、これからの人生を楽しく生きていける術を提供できるような場を目指しています。敷居を低くするというより、障害や性別、年齢などの敷居をなくして、皆さんが集える場所にしたい。元気な人に、エネルギーを注入して盛り上げてもらうのもいいし、いろんな利用の仕方をこれから利用者の皆さんと考えて、つくっていくのが理想です。
 
三浦 まるでパワースポットのようだ。今後、この場を利用される方にメッセージがあれば、ぜひお願いします。
 
利根川 一緒に楽しんで、仲間になりましょう! 最初は受け身でもいいので、自分が徐々に癒やされて、元気になってきたら、次は人を元気にする側の仲間に加わっていただければ嬉しいですね。
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
今、店内に「グランドピアノ設置予定」という張り紙をして、目標を明確にしているんです。仕事にも張り合いがでます。
(利根川由美)
 

:: 店舗情報 ::

らくらく音楽整体カフェゆうみん

〒221-0021 神奈川県横浜市神奈川区子安通3-319

ホームページ
http://yu-min.or.jp

 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事