B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
プロフィール 長野県出身。東京の大学を卒業後、帰郷して創業100年以上の老舗デパートに勤務。退職後、理美容業用品の大手ディーラーでハサミの企画、販売を手がけ、2005年に独立。あずみシザーを創設した。2016年に発表した「セレブ24」は、機能性、デザイン性、使用性いずれの評価も高く、販売後1年も経たぬうちに人気商品となっている。
 
 
 
完成させたハサミは手塩にかけて育てた我が子だ。そう語るいっぽうで、「どのハサミも、出来栄えは50点」と自己採点する、あずみシザーの三澤直輝代表。2年という歳月を費やして制作された眉カット用ハサミ「fin~フィン~」への評価も同様だ。現在可能な限りの力を尽くしても50点ならば、残る50点はどこにあるのか。その問いの答えは、わからない。わからないから、走り続けるのだと三澤代表は語り、次の1丁に持てる力の全てを注いでいる。
   
 
 

薄い! 眉カット用ハサミ「fin~フィン~」

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 水野裕子(タレント)
水野 理容師さん、美容師さんの命でもあるハサミの企画、製造から販売までを手がけておられる、あずみシザーさん。B-plusには2度目のご登場です。前回ご紹介いただいた、髪に艶とボリュームを与える「セレブ24」という理美容ハサミは大人気だそうですね。
 
三澤 おかげさまで、多くの理美容師さんからご好評を頂戴しています。今回は、新製品の「fin~フィン~」をご紹介したくて、持参いたしました。どうぞ、水野さん、ご覧ください。
 
水野 おぉ、すごい! 刃がとてもスリム! 肉眼では厚みが測れないほどの薄さですよ。
 
三澤 実はこれ、眉カット専用のハサミなんです。だから、刃先をとても薄く、細くして、1本の毛を逃さずしっかり切ることのできるフォルムになっています。
 
水野 眉って、顔の印象をつくるうえで大事な部分ですからね。ザックリ切るのではなく、それこそ1本ずつ慎重にカットしたいところ。ピンセットのようなこの「fin~フィン~」なら、繊細な眉のデザインが可能なんですね! 
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事