B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 川上麻衣子(女優)
川上 金属を加工して、アクセサリーをつくっておられる、字札(あざなふだ)本舗さん。デザインは、漢字を切り抜くことが多いそうですね。他にも、カタカナやひらがな、ローマ字、数字など自由に選択できるとか!
 
小泉 はい。お客様に自由に文字を選んでいただき、文字フォントをデータ化すれば、あとは機械が加工して仕上げてくれるんです。それにアクセサリーパーツをつけてバッグチャームや携帯ストラップなど、世界で1つのオリジナルアクセサリーをつくっています。金属の形やサイズ、仕上げの色、ストラップの種類も自由に選べますよ。
 
川上 例えばゴルフバッグのネームタグや会社のロゴのアクセサリーなどができるそうですね。商品を後日発送するわけではなく、その場で受け取れるというのは珍しい気がします。
 
小泉 お店の中で文字のデータ化と加工をするので、1時間程度という早さで商品を提供できます。日本でこれほどの機械を入れているお店はおそらくないでしょうね。
 
川上 へぇー。こんなに手の込んだものが1時間で仕上がるとはビックリですね!
 
小泉 もちろん他のメーカーも存在しますが、納期は2週間ほど、値段も8000円~1万円が相場です。しかし当店では1時間で仕上がり、かつ値段も4000円程度でできます。
 
glay-s1top.jpg
店内でレーザー加工することにより即日受け取りが可能!
川上 ほぼ半額は安い! 早くて、安くて、豊富なバリエーションを展開しているのが字札本舗さんの強みですね。最初から店舗を構えるという考えはあったのですか?
 
小泉 いいえ、ありませんでした。でも、外国の方にも販売したいと考えたとき、観光で来日している外国人には何日も待つ時間がないので、とにかく早くつくるしかないと思ったんです。そこで、思い切ってお店の中に設備を導入し、データ化システムを構築して、全てが店舗内でできるようにしました。お客様と直接話をすることで「こんなのはできますか」と様々なアイデアをいただけるので、店舗型にして良かったと感じています。