B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 畑山隆則(元ボクシング世界王者)
畑山 お話がおもしろくて、雑談ばかりしてしまっています。そろそろインタビューさせてください(笑)。ポスティングを手がける関西アウトソーシングさん。下田代表のご経歴を教えてください。
 
下田 転職回数が多いので・・・。合わせて15社にお世話になりました。業種はバラバラだったものの、多く経験したのは営業職ですね。職人として働いたり、夜の仕事に携わったりしたこともありますよ。
 
畑山 転職回数が多くても、このようにして起業されているということはその転職経験が生きているのではありませんか。
 
下田 ポスティング事業を始めたきっかけは、別件で営業を行っていたときに知り合った社長さんが勧めてくれたことです。最初は人手が足りないので人を集めるように依頼され、私自身も配布のお手伝いを始めました。ですから、事業として選択したのではなく、あくまでその社長について行こうとしただけです。現在の仕事も大半がその会社からの依頼で、事業として成り立っているのもその社長のおかげですね。
 
畑山 起業のきっかけが人任せですね。
 
下田 私の人生は人任せです。今までの転職も人任せ。従業員に仕事のやり方を指導するにしても、最初の内はある程度教えることはできます。しかし、慣れてくるとそれぞれがやりやすいようにしたほうが良いと考えているので何も言いません。人任せって悪い意味に捉える方が多いですが、「任せる」わけですから実はすごく良い言葉なんですよ。
 
畑山 働きやすい、スタッフが自立しやすい環境をつくるということですね。社長や上司からいちいち指示されるとしんどいし自立心がなくなりますからね。
 
glay-s1top.jpg
下田 自立心は誰でも持っていると思います。ただ、会社の環境によっては阻害されるんですよ。自分が良いと思った方法で何度もチャレンジしてみるものの、結局上司のやり方に修正されていく。従業員側からすると、チャレンジする意味がなくなるんですよね。失敗してもいいからやらせてみたら良いんです。人は任されていると思うから頑張れるもの。人任せって良い言葉でしょう? そんな信頼関係のある会社にしていきます。
 
畑山 本当ですね。ボクシングでもチャンピオンになる前はみんなチャレンジャーですから。ぜひ、スタッフの皆さんにチャレンジする環境をつくり、全員をチャンピオンにしてあげてください。
 
下田 まだまだ現役ですけど名トレーナーを目指します。選手兼トレーナーですね(笑)。
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
周りの人を楽しませることです。周りの人が楽しんでいたら自分も楽しめます。
(下田豊)
 

:: 事業所情報 ::

関西アウトソーシング

〒639-0222 奈良県香芝市西真美2-22-7

ホームページ
http://kansai-os.com/

 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事