B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー タージン(タレント)
タージン 株式会社maria(マリア)さんは、居宅介護支援事業所の「ケアサポートセンターまりあ」を運営されているそうですね。なんでも、中川社長はもともと看護師でいらっしゃったとか。
 
中川 そうなんです。町中にあるクリニックから大病院まで幅広い規模の病院で働き、看護師経験は20年以上になります。独立より少し前のキャリアでは、介護老人保健施設の所属長として働いていました。でも、父の病気をきっかけに訪問看護師に転職したんです。それがきっかけとなり、利用者様だけでなくそのご家族、そして生活全体までをサポートしたいと考え、ケアマネジャーに転身して事業を立ち上げました。
 
タージン なるほど。長年の看護師としての経験を活かせるのは相当な強みになりますよね。
 
中川 そうですね。私は利用者様と初めてお顔を合わせたら、まずは主治医のところまでお話を聞きに行くようにしています。健康状態や普段飲んでいる薬など、その方のことを事前にしっかりと把握するんです。すると、例えば救急搬送されたときでも、救命医の方に求められている情報を正確にお伝えできる。これには家族の方も「心強い」と言ってくださっていますね。
 
glay-s1top.jpg
会社ロゴ。母親のような愛情で利用者に接するのがモットー
タージン それは確かに心強いサポートですよね。医療を施すお医者さんも、スムーズに治療ができるから、早期対応にもつながりますし。
 
中川 私は看護師の資格に加えて障害者特定相談支援専門員としての資格も取得しています。精神科医の先生としっかりと会話ができるケアマネジャーは数少ないと思いますから、それも他の居宅介護支援事業者との差別化になっていますね。