B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

エンターテインメントの 
引越しで感動と思い出を

 

引越しに非日常の感動を与えたい

 
glay-s1top.jpg
川﨑たった一代で会社を大きく成長させた山本社長は、2017年1月現在、まだ40歳前だとうかがいました。今後の展望もいろいろとお持ちでしょう。
 
山本 現実的な話として、2つあります。1つは最新テクノロジーの導入ですね。
 
川﨑 少し業種は違うものの、大手インターネット通販会社も、ドローンを利用した配達に挑戦していますね。
 
山本 引越業ですと、自動運転システムや人工知能、IoTなどが有力な最新テクノロジーです。自動運転システムで安全かつ確実な引越しが可能になり、人工知能がスケジュールを管理することで、広範囲に及ぶ複数の案件が重なっても円滑な作業が叶います。また、様々なものに通信機能を持たせて自動認識・制御や遠隔計測を行うIoTを利用して、トラックが今どこにいるかお客様とネットで共有したり、段ボールや家具にタグをつけて荷物を管理したりする、などのことを考えております。
 
川﨑 そうやって最新技術を導入し効率化を進めたら余力が生まれて、また新たなサービス提供も可能になりますね。もう1つはなんでしょうか?
 
山本 海外展開です。グローバル社会が進めば、海外への引越し、あるいは日本への引越しの需要も高まると思いますからね。その延長として、これは少々夢も入った話ですが、宇宙への展開も考えているんですよ。
 
川﨑 おぉ、壮大な話だ! しかし、必ずしもありえない話ではないですからね。
 
glay-s1top.jpg
山本 ですよね! 念頭に入れておいても損じゃありません。世界や宇宙にも通用するエンターテインメントの引越し、あるいはおもてなしを常に考えて行動していれば、現在行っているサービスの質の向上にも、必ず結びつきますし。
 
川﨑 国から国、もしくは星から星というお話をうかがって、引越しって単なる物を運ぶだけではいけないんだなと再認識しました。依頼主にとって、住居や住む土地を移ることは、新たなスタートになるでしょう。いわば、1つのストーリーから次のストーリーへ移るための架け橋です。それならば、無機質な橋より虹色の橋のほうが楽しいし、心機一転できますよ。
 
山本 そうですね。引越しを、日常と日常の隙間ではなく、楽しい非日常なんだと感動してもらえると嬉しいです。
 
川﨑 役者というエンターテイナーとしても、山本社長のお話は実に興味深かったです。これからもぜひ、多くの引越現場で感動と笑顔を生んでください!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
お客様のお喜びの声を直接聞けることですね。私たちがレベルの高いパフォーマンスを保つことが、お客様の笑顔につながります。それを実感できることが、一番のやりがいです。
(山本恒夫)
 
 :: 会社概要 :: 
  ■ 社名 株式会社スタームービング
■ 本社 〒223-0057 神奈川県横浜市港北区新羽町673-1
■ 事業内容 一般貨物自動車運送事業/軽貨物運送事業/引越しおよびそれに付帯する各種役務の提供に関する事業
■ 設立 平成13年11月
■ 従業員数 120名
■ 主な取引先 株式会社ウェブクルー/株式会社エイチーム/株式会社リクルート住まいカンパニー/ソフトバンク株式会社/株式会社ビジョン
■ ホームページ http://www.star-hikkoshi.com