B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
プロフィール (こんた けいすけ)埼玉県出身。24歳の時、企業の集客・販促のためのキャンペーンやイベントの事務局を運営する仕事に携わり、経験を積む。2016年7月、独立して(株)エルグッドヒューマーを設立。プロジェクトの一括・分割請負サービスや営業・運営支援の他、人材派遣事業などを手がけている。社名は「上機嫌」を意味する英語と、Life style、Love、Laughなどの頭文字であるLを組み合わせたもの。【ホームページ
 
 
 
企業の商品PRや集客の手段として催すキャンペーンやイベントを請け負い、成功に導くことに全力を尽くしている株式会社エルグッドヒューマー。今田圭哉代表取締役が先輩から受け継いだモットーは、否定には代替案、肯定には根拠を示す営業姿勢だ。クライアントにも本音をぶつけ、厚い信頼を獲得している今田社長に、会社運営の意気込みなどをじっくりとうかがった。
 
 
 

企業とユーザーを結ぶ架け橋になりたい

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 鈴木啓太(サッカー元日本代表)
鈴木 エルグッドヒューマーさんの事業内容は、アウトソーシング事業やお客さんの営業・運営支援などだそうですね。具体的にはどんなお仕事をなんですか?
 
今田 アウトソーシング事業と人材派遣事業の2本柱です。具体的には、事務局運営などのビジネス・プロセス・アウトソーシング、いわゆるBPO事業を中心に運営していまして。弊社はクライアントに代わり直接エンドユーザーと接する機会が多いので、円滑に運営するだけではなく、双方にとって最良の立ち回りができるよう日々取り組んでいます。また、人材派遣や客先常駐での対応など、ニーズに沿った柔軟で最適な提案をしています。ファンクラブ運営なども請け負っているお仕事の1つですね。私は埼玉県民なので、ずっと応援し続けている浦和レッドダイヤモンズと、いつか仕事で関われるようになるのが夢です。鈴木さんへの営業トークみたいですが(笑)。
 
鈴木 いえいえ、何事もアピールは大事です(笑)。事務局の運営というと、どんなことをするんですか?
 
今田 例えば、商品に貼られたシールを集めて送ると、プレゼントがもらえるというようなキャンペーンをよく見かけますよね。弊社では、集まったハガキの仕分けやデータ入力、コールセンターやデータチェックなどの運用の業務を請け負っております。どうすればミスなく、作業効率を上げられるかを考えると同時に、人が行うことなので、事前にミスを防ぐような、体制づくりや業務設計を常に心がけていますね。大手が催す派手なイベントやキャンペーンも、裏方では地味な作業をこつこつやっているわけです。
 
鈴木 なるほど。地味ではあるものの、企業にとっては集客や売り上げを伸ばすための大事な業務のはず。それを御社が手がけてくれると。
 
今田 はい。この事業はもともと、弊社がお客様とユーザー様を結ぶ“架け橋”になりたいと思って始めた事業なので、全てはそのためと思って全力を尽くして対応しています。裏方とは言えキャンペーン全体の企画に関わっているので、どうすれば集客アップにつなげられるかを、世の中の動向を観察しながら常に考えていますね。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事