B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 矢部美穂(タレント)
矢部 黄土よもぎ蒸しと遺伝子検査を組み合わせた、ダイエットプログラムのプロデュースを手がけておられるオータムヒルズさん。秋田社長はどのような経緯で健康事業を始められたのですか。
 
秋田 私の母は体が弱く、昔から健康食品を利用していたんです。人生にとって健康こそ大切だと、日頃から言い聞かせられていました。そして私自身も以前は冷え性に悩み、様々な健康食品を取り寄せたものの、どれも効果を感じられなかったんです。そんなとき、知人から紹介された健康食品を試したところ、悩みがすっかり改善しまして。周囲の知り合いにも教えると、皆さん「以前より体の調子が良くなった」と、感謝の言葉がたくさん届きました。
 
矢部 秋田社長ご自身の実体験が事業の原点だったんですね。
 
秋田 そうなんです。この出来事をきっかけに、健康食品の販売を始めたのが2001年。それから15年間、弊社の副社長を務める妹とともに、大勢のお客様のご相談にお応えしてきました。
 
矢部 ダイエットのプロデュースに進出したのも、やはりご自身の経験からなのでしょうか。
 
glay-s1top.jpg
秋田 はい。ある時期に急に体重が増えてしまったことがあり、体を温めて脂肪を燃やす遠赤外線サポーターをダイエットに取り入れて体型を元に戻したことがあるんですよ。なかなか痩せられないと悩んでいた友人にも勧めたところ、ダイエットが成功し目を輝かせて喜んでくれました。ただ、このサポーターだけでは思うように効果が感じられないという方も。検証すると、結果が出ない方は、内臓が冷えていることがわかったんです。そこで、体を芯から温める黄土よもぎ蒸しと遺伝子検査をセットにした、3ヶ月で体重マイナス10㎏を目指すダイエットプログラム「美温活ダイエット」のプロデュースに乗り出しました。