B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 相原勇 (タレント)
相原 結婚相談所のMarriage Consultant(マリッジコンサルタント)敦盛弁天堂さんにうかがっています。個性溢れる屋号ですね。どんな由来があるのですか?
 
玉水 「敦盛」は自分の名前の「敦子」からイメージを膨らませて名付けました。「弁天」は銭洗弁財天宇賀福神社の通称「銭洗弁天」が由来です。母の話によると、父と母は、そこで運命的に出会ったとのことです。遠距離恋愛でしたが、母の近所に住んでいた知人が、仲人として2人の成婚まで、献身的に取り次いでくれたそうですよ。
 
相原 その方は玉水代表のご両親のことを思って親身に接してくれたんですね。この仕事を始めたのは、その仲人さんの影響があったからですか?
 
玉水 そうです。話を聞いて、私も人の支えになれるような仕事がしたいと思いました。お客様に深く信頼していただくためにも、自分が親になった気持ちで、少しお節介なくらいの接し方を心がけています。
 
相原 人間関係が希薄になっている時代。玉水代表のような情に厚い人がサポートしてくれれば、結婚できる方も増えると思います。初めてご利用される方には、どんな対応をされていますか?
 
glay-s1top.jpg
女性会員限定で、お見合い時の振袖着付け
無料サービス中(イメージモデル)
玉水 まず、喫茶店やファミリーレストランで面談をします。その際に私の経験を交えながら、結婚生活がどのようなものであるかをお伝えするんです。現実的な問題などお客様にとって耳が痛い話でも、しっかりとお伝えする。正直な気持ちでお話をすれば、お客様も心を開いてきちんと耳を傾けてくださいますしね。私自身の人柄を知っていただき、皆さんがお話ししやすい空気をつくりながら、本音をうかがえるようにすることを大事にしています。
 
相原 言葉巧みに調子のいいことばかり言うのでなく、あえて厳しい現実についても話すのは大切なことですよね! 結婚は人生の一大イベントですから、お客さんへの本当の気遣いがあればこその対応だと思います。それに、玉水代表は肝っ玉母さんの雰囲気がありますから、頼りがいがありそう。とても相談しやすいだろうな。