B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
プロフィール 千葉県出身。漁業を営む家に生まれ、幼い頃から海産物の市場出しや家事の手伝いをしていた。土地開発による潮の変化など、将来を見据えた母親の近藤洋子氏が(株)マルコン警備保障を設立。一から勉強し、事業を成長させる母の背中を見て育つ。自身も警備業務検定資格を取得し、同社に入社。経験を積んだ後、2016年12月に社長職を引き継いだ。【ホームページ
 
 
 
千葉県木更津市の警備会社・株式会社マルコン警備保障。交通誘導からイベントの警備まで幅広く手がける同社は、漁師から転身した近藤洋子氏が創業。2016年の12月に娘の川村優子氏が新代表に就任したばかりだという。女性でありながら警備業に進出した近藤氏は、男性社会の業界で幾多の苦労を乗り越え社業を発展させてきた。「地域のため、人のため」という思いを込めた母娘2代の物語に耳を傾けてみよう。
 
 
 

アクアラインマラソンの警備を担当

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 城彰二(サッカー元日本代表)
 千葉県木更津市の警備会社・マルコン警備保障さん。今年2016年12月、創業時から代表を務めてこられた近藤さんが会長に就任し、専務の川村さんが代表に就いたばかりとお聞きしました。近藤会長と川村社長は親子の関係だそうですね。女性が創業した警備会社というのは、とても興味がありますよ! まずは、マルコン警備保障さんの事業内容を教えていただけますか。
 
川村 弊社は地元・木更津を中心に施設警備、交通誘導、さらにホームセキュリティーなどの警備業務全般を手がけています。ホームセキュリティーについては、大手警備会社さんと業務提携を結んでいるんですよ。
 
 実は僕、マルコン警備保障さんのことは以前から知っていたんですよ。なぜかというと、いろいろなスポーツイベントの警備でお名前を拝見しているからです。確か「ちばアクアラインマラソン」の警備も担当されていますよね。
 
川村 はい、今年で3回目の警備をさせていただきました。私自身も現場に出ておりまして。懸命に走り続けるランナーを見ながらの警備は感動的でしたね!
 
 川村社長自ら警備に汗を流したんですか?
 
川村 千葉を代表する大きなプロジェクトですし、地元を活性化するためのイベントには直接携わりたいですからね。現場に立ってとてもいい勉強になりました。